トラベルローンの特徴を確認して賢く利用しよう

トラベルローンの特徴を確認して賢く利用しよう

トラベルローンとは

トラベルローンは銀行を始めとして、信販会社などが提供している商品の1つです。高額になりがちな旅費を分割払いできるようになることから、海外旅行などで活用されています。一般的には、旅行代理店の斡旋によって提供されたり、金融機関がローン商品の一種として展開します。つまり、トラベルローンとは旅行代理店や各種の金融機関が取り扱う商品で、旅行代金を複数回に分けて支払える方法だといえます。毎月支払う方法に加えて、ボーナスを併用する方法もありますから、返済の幅が広がる点がメリットです。

スポンサーリンク

審査に通らないならどうしても借入したい

キャッシング厳選情報本気でお金に困ったら

分割可能な回数は商品によりますが、数回から1年、あるいは3年ほどの長期に対応するものもあります。分割回数に応じて手数料が発生するので、旅行代金や毎月支払える金額と相談して、賢く活用することが必要です。しかし、高額で諦めていた旅行が現実的に実現しますから、そういう意味で大きな魅力があると思われます。旅行の代金に特化している分かりやすさがあるので、これから旅行を検討したり計画する人におすすめです。

トラベルローンのメリットはどんなところ?

トラベルローンに関する一番のメリットは、やはり旅行代金が一括ではなく、分割で複数回に分けて支払えることです。海外旅行は特に高額になりがちですが、誰もが一括で支払えるかといえばそうではないです。その点、分割払いが使えるようになることで、旅行が計画しやすくなったり、予算の確保のハードルが下がるメリットが生まれます。トラベルローンで支払う代金は、必然的に後払いとなりますから、手元にお金がなくても直ぐに旅行に出発できます。

一般的なローンは20歳以上を対象としていますが、この旅行向けのローンなら18歳以上の学生でも使える可能性があります。つまり卒業旅行の用途にも向いているので、予算を確保してから実行するこれまでの旅行とは違い、より余裕を持って旅行計画が立てられるわけです。就職後まで返済を猶予してくれるローンもありますから、そういった商品を選ぶとお金の心配がもっと減ります。クレジットカードが手元になくても分割払いが実現するので、カードを作るのが難しい人にも朗報です。

トラベルローンのデメリットはどんなところ?

魅力が豊富なトラベルローンにも、実はいくつかのデメリットが存在しています。申し込み時に用意する必要のある書類は、本人確認や所得証明に勤続年数を証明するものなど多種多様です。また、資金用途確認書類という、あまり馴染みのない書類の用意が必要なこともデメリットです。書類の用意や作成が必要ですから、準備を手間と感じる人にとっては高いハードルになります。しかも審査は一般的なローンよりもやや厳しめで、確実に通るとは限らない点が懸念事項です。

学生がトラベルローンを申し込む時は、いわゆる連帯保証人が求められますから、家族に内緒で利用するのは難しいといえるでしょう。逆に理解があって協力に期待できるならば、保護者の公認のもとで申し込んだり利用が行えるはずです。旅費が分割できるローンは魅力的ですが、現地で使うお小遣いやお土産代は対象とならないケースもあります。旅行だからと何でも分割払いになるわけではなく、用途が限定される商品ならデメリットが無視できないでしょう。

トラベルローンを賢く利用する

トラベルローンは特徴やメリットを把握して、賢く利用することが大切です。1回あたりの負担が軽くなるからと、不用意に分割回数を増やせば手数料が増えてしまいます。結果的に出費が増えることになりますから、分割回数は無理のない範囲で、なるべく負担が軽くなるように決めましょう。学生向けの商品に力を入れる会社のトラベルローンであれば、返済の猶予を始め、様々な魅力を用意しています。

自分にあった商品を選ぶことで、メリットが最大限に引き出されたり、負担を軽く感じることができます。ポイントサービスや優遇面は、商品を選択する際の検討材料となるので、商品ごとの違いや強みをチェックすることが大事です。20歳以上なら原則的に保証人や担保は不要なので、利用のハードルが低く誰でも気軽に利用の検討が行なえます。ただし、一部にはお小遣いやお土産代を対象に含まない商品もあるので、良く確認した上で希望に合う商品を選ぶのが賢い利用方法となります。

まとめ

トラベルローンは旅行者向けに提供されるもので、銀行や信販会社が企画販売をしています。一番の目的は旅費を分割することで、手元に予算がなくても旅行を計画したり実行できる点にあります。これはメリットの1つで、学生なら就職後まで返済を待ってもらえたり、予算以上に卒業旅行の選択肢が広がるなどの利点が存在します。一方では審査に必要な書類の手間や、資金用途確認書類の用意が必要という点がデメリットです。学生は連帯保証人が不可欠なので、保護者に対する相談や協力が必要になります。

更に、全てのトラベルローンがお小遣いやお土産代を対象としているとは限らず、純粋に旅費のみが分割できる商品もあります。この点は商品ごとに内容が違いますから、比較検討の段階で見落とさないように気をつけたいところです。特徴を踏まえて賢く活用すると、旅行計画がもっと楽しくなったり、代金を支払う負担が軽減されます。旅費の分割払いが可能となれば、諦め掛けていた旅行が実現したり、無理なく楽しめるようになるでしょう。

スポンサーリンク

審査に通らないならどうしても借入したい

キャッシング厳選情報本気でお金に困ったら