債務整理をするとブラックリストに載って借りられなくなる!?

債務整理をするとブラックリストに載って借りられなくなる!?

同じ業者だと審査が通りにくい

ローンを借りていて返済ができなくなったり、いわゆる踏み倒しのようなことをしてしまったり、クレジットカードの代金が支払えずにカード利用が停止されてしまったという場合、他の会社にて新規でローンを借りたり、クレジットカードを作成しようとすると審査に通らない場合があります。こうした状況をブラックリストに載ると表現されることがあり、返済遅滞や債務不履行により信用力に危険信号が灯り、誰も貸してくれなくなる状態を意味しています。もっとも、ブラックリストはどこにあるのかと言われても、ここにあると明確にする業者も公的な機関もありません。

スポンサーリンク

審査に通らないならどうしても借入したい

キャッシング厳選情報本気でお金に困ったら

ブラックリストというのは業界用語のようなもので、突き詰めると顧客台帳のようなものです。その昔は閻魔帳などと呼ばれ、銀行が返済が遅滞するなどリスクのある客や、今でいうクレーマー的な貸したくない客を書き留めて、職員で共有していた歴史があり、ブラックリストはそれに通じるものです。そのため、今でもこうしたリストが各業者や各支店で作られている可能性は多いにありますから、返済遅滞などを起こした過去がある方が、同じ業者で借りようとすれば審査が通らない可能性が高いです。また、業者間でそのリストを融通し合っていれば、他でも危険視されて借りられない可能性が高くなります。

信用情報登録機関での登録期間

さらに現代のブラックリストとも言えるのが、信用情報登録機関における情報登録と業者間の情報共有です。信用情報登録機関では情報のリストをブラックリストとは呼んでいません。信用情報登録機関によれば、延滞の事実は延滞継続中、債務整理や破産申し立ての事実は5年を超えない期間、登録されると規定されています。つまり、昔ながらの閻魔帳的なブラックリストが廃止されていたとしても、審査の際に必ず照会をかける信用情報登録機関に遅滞や債務整理などの事実が登録されていれば、審査が通らない可能性が高まるのです。

逆に言うと、債務整理をしても、その後に延滞をし続けていない限り、債務整理から5年経過すれば、借りられるようになる可能性が出てくることになります。削減という名目で発行の手続きを省略し、webうえで社員だけに公開している企業も増えてきています。

任意整理とブラックリスト

では、債務整理をした場合、5年を経過すれば借りられるようになるでしょうか。債務整理で代表的な任意整理から見ていきましょう。任意整理とは債務者本人または弁護士や司法書士などの専門家に依頼し、債権者と話し合いをしてもらって利息のカットなどを行い、返済額を軽減してもらう手段です。債権者と相対で合意をするので、複数の業者から借りている場合にはそれぞれ話し合いや返済軽減の合意が必要となります。任意整理の事実も信用情報登録機関に登録されるので、登録されている間は任意整理をした業者を問わず、借りられなくなる可能性が高いです。一方、登録が消えたあとは全ての業者で借りやすくなるかというと疑問が残ります。

というのも、相対交渉しているので任意整理をされた業者としては、いわゆる不良顧客リスト、つまりブラックリスト入りしてしまい、時の経過を問わず貸してもらえない可能性が残るからです。

特定調停や個人民事再生とブラックリスト

債務整理の1つである特定調停は裁判所の調停室で調停委員に間に入ってもらい、債務者と債権者が話し合いをして、返済額軽減などの和解をするというものです。これも信用情報登録機関に登録されるので、登録されている間はどの業者からも借りられない可能性が高いです。一方、特定調停を行った業者との間では任意整理と同様、やはり債権者の独自のリストに残り続け、その業者では借りにくくなる可能性が残されます。

個人民事再生は裁判所で行う手続きで、一定の条件のもと裁判官がこれまでの借り入れ状況や返済状況、その経緯などを総合的に判断して、債権者に対して返済額の軽減などを命ずるものです。こちらも、信用情報登録機関に登録されるので登録されている間はどの業者からも借りられなくなるでしょうし、その後も、民事再生に関わった業者からは借りられなくなる可能性があります。

自己破産とブラックリスト

自己破産は債務整理の中では最大レベルの方法で、全ての借金の返済から免れることができます。もし、マイホームやマイカーなどの高価な財産があれば、競売にかけられ、債権者に分配されますが、財産もないという場合には債権者は何も得られないまま、借金が返済されることを諦めざるを得ません。破産を申し立てた債務者としては、全ての返済義務から解放され、状況をリセットして生活をリスタートできます。とても強力な手段なので借金の返済が困難となり、生活に困り、他の手段では解決法がない場合に裁判所の判断で認められるものです。自己破産も信用情報登録機関に登録されますので、登録されている間は借り入れができなくなります。

また、自己破産によって債権の回収ができなくなった業者のブラックリストには延々と残り続ける可能性があります。なお、自己破産の場合、事前に自己破産の手続きが始まることが公告という形で公開されるため、業者の中には直接関わらなくても情報を確認してブラックリストに入れ、借りにくい状況が発生する虞もあります。

スポンサーリンク

審査に通らないならどうしても借入したい

キャッシング厳選情報本気でお金に困ったら