自分がブラックリストに入ってるってどうやって調べるの?

自分がブラックリストに入ってるってどうやって調べるの?

ブラックリストに載ったときにあり得ること

私たちの身の回りにはなんとなく聞いたことはあるけれど、具体的にどういうものか分からない、というものがたくさんあります。その中の一つがブラックリストで、もし掲載されてしまったら危ない、とはなんとなく分かっているけれど、実際にどういうことが起こりうるのかは詳しく知らない人が多いのではないでしょうか。ブラックリストとは世間的には過去に信用を失うような行動をとってしまった人が載るリストのことを指しますが、そういう情報を取り扱うのは主に銀行などの金融機関です。

スポンサーリンク

審査に通らないならどうしても借入したい

キャッシング厳選情報本気でお金に困ったら

銀行が融資をするのは信用性の高い人物に限られていますから、当然ながら過去に過失をしてしまったことがある人は信用性の薄い人と見られ、お金を貸しづらくなります。これと同じように、カードローンやキャッシングのような借り入れを専門とするお店からもお金を貸して貰えないケースが出てきます。もちろん全ての人が過失をしない、というわけでもありませんが、できるだけなら避けたいところです。

そもそもブラックリストというものは存在しない?

ところで、実際に信用情報を扱う機関ブラックリストと呼ばれる危険な人物の名前を並べているリストを作成されているわけではありません。そもそもそうした機関は過去にクレジットカードなどを作った経験のある全ての人の情報を取り扱っています。ですから特定の人が特権的に扱われているわけではなく、ある意味で全ての人が平等に扱われているのです。実際にこのユーザーは怪しい、と判断するのはカード会社や金融機関の仕事です。ある人の過去に利用していたクレジットカードの利用状況などを全て記載した用紙を取り寄せて、何らかの事故情報があるとみなされてしまった場合、その人は信用の薄い人だと判断されてしまいます。

事故情報はどこで分かる?

このような背景がありますから、例えば自分がブラックリストに入っているか知りたい、と思ってどこかの機関に情報請求を行ったとしても意味がありません。私たちは信用情報を扱う機関から取り寄せた紙を見ながら、自分がこれまでクレジットカードなどをどう扱ってきたのかを知りつつ、もしかしたらこの情報が事故情報とみなされてしまったかもしれない、と判断しなくてはいけないのです。では、こうした情報はどこで取り扱われているのでしょうか?日本には主に3つの信用情報機関が存在します。

最初は全国銀行個人信用情報センター、続いて日本信用情報機構、そしてクレジットインフォメーションセンターです。それぞれJBC、JICC、CICと略称されることがありますが、私たちが自分の信用情報を知りたいと思ったらこれらの機関に問い合わせる必要があります。ちなみに、一つの機関に全ての個人の情報が保管されているわけではありません。3つの信用情報機関があるわけですから、それぞれの機関は様々な企業と連携しつつ業務を分散しながら運営しています。それゆえ、請求を行う際は自分が使っていたカード会社がどこの機関に属しているのかを知りましょう。

CICに開示請求するには?

今回はクレジットインフォメーションセンター、略してCICから信用情報を開示する手段を確認していきましょう。こちらの機関は名前から分かる通りクレジットカードを取り扱っている会社と提携していることが多いため、私たちにとっては真っ先に情報開示請求先として思い浮かぶところです。

CICで開示請求をするにあたってはまず手数料を用意しなくてはなりません。個人情報を取り扱っているわけですから、軽々しく開示されてしまってはいけない、という意味合いも込められています。続いて郵便で確認をお願いする場合は本人確認書類のコピー、手数料分の為替証書、そしてネット上から印刷した申込書を一つの封筒に入れてポストに投函します。10日程度で返信がやってきますからそれまで待ちましょう。

インターネットからでも開示請求ができる!?

なお、10日も待っていられない、という人にとって便利なサービスも存在します。一つはインターネットを使った開示請求です。CICのホームページにアクセスしまして、利用規約などを確認したのち、記載されている電話番号に電話しましょう。この際クレジットカードなどを契約した際の電話で発信することが必須です。なぜかというと、CICで管理されている情報は電話番号と合わせて保管されているからです。電話をすると受付番号を申し渡されますので、改めてホームページにアクセスしその番号を入力しましょう。

なお、受け付け番号は他人に知られてならないものですから、1時間経つと無効になります。それより前に入力することを忘れないでください。最後にPDFファイルがダウンロードできますので、それをパソコンに保存するなり、印刷するなりすれば情報請求は完了です。なお、この際に支払うべき手数料はクレジットカードを通じて決済が行われます。もう一つは実際にCICの窓口に向かって開示請求をする方法です。東京や大阪、名古屋や仙台に窓口がありますし、こちらの手数料はインターネットや郵送よりも少なく済みますから、近くに機関が存在する場合は利用してみましょう。

スポンサーリンク

審査に通らないならどうしても借入したい

キャッシング厳選情報本気でお金に困ったら