無収入やパート収入しかない主婦でもカードローンって借りられるの?

無収入やパート収入しかない主婦でもカードローンって借りられるの?

収入の有無で別れる主婦のキャッシングの選択肢

主婦が消費者金融や信販会社、クレジットカード会社でキャッシングができるかや、銀行カードローンが借りられるかは、収入の有無とどこで借りるかで大きな違いが生じます。主婦といっても、子育てに専念している場合や、親などの介護のために働くことができず収入がない方と、扶養の範囲内やお子さんが幼稚園や学校に行っている間だけパートで働き、自分で稼ぐ勤労収入がある方もいます。主婦が借り入れできるかは、まず、全く無収入の専業主婦なのかと、少額でも自分で稼いだパート収入があるかで異なってきます。

スポンサーリンク

審査に通らないならどうしても借入したい

キャッシング厳選情報本気でお金に困ったら

無収入の主婦は消費者金融でキャッシングできる?

無収入の専業主婦の場合、消費者金融では原則として借り入れができません。消費者金融だけでなく、信販会社やクレジットカードのキャッシングも同様です。これらの業者は銀行などの金融機関とは異なる、貸金業者にあたります。貸金業者では貸金業法に基づいて貸し付けを行っていますが、貸金業法には総量規制というルールがあり、年収の3分の1までしか借りられないと規制されています。つまり、年収がない専業主婦はその3分の1といっても、ゼロということになり、法律上のルールで借りられないのです。ただし、総量規制には例外規定が設けられています。これによると、ご主人の同意が得られれば、ご主人と専業主婦の債務額を合わせてご主人の年収の3分の1まで借りられることになります。

ただし、どの貸金業者でもこの例外運用をしているわけではなく、女性向けの小規模な消費者金融などごく一部のみの対応となっています。さらにご主人の同意署名が必要になることや、ご主人が審査を受ける必要があるので、ご主人には内緒で借りたいといった専業主婦の方や同意が得られない場合にはハードルが高いです。

無収入の主婦は銀行のカードローンは借りられる?

では、銀行や信用金庫などの金融機関で提供しているカードローンならどうでしょうか。この点、金融機関では総量規制は適用されないので、専業主婦でも借りられるケースが多くなっています。ただし、申込条件や借入条件が金融機関ごとに異なるので注意が必要です。単独で申し込みができるところ、ご主人の審査は必要ないものの、ご主人の同意とご主人の年収や勤務先などの提示が必要になるところがあります。

また、借入額に上限が設けられているケースが一般的で、これも金融機関により10万円まで、30万円まで、50万円が上限などと制約がなされています。専業主婦の場合は基本的に収入が入らず、返済に困ることもあるため、あまり借り過ぎないことがおすすめです。借入額や返済の必要に応じては、今後、働いて収入を得るといったことも検討しなくてはならなくなります。

パート収入だけの主婦は消費者金融でキャッシングできる?

主婦であっても、ご自身で働いていてパート収入があれば、消費者金融などの貸金業者に単独で申し込みができ、ご主人の同意やご主人の審査なども必要はありません。ただし、収入は一時的なものではダメで、継続的な安定収入であることが求められます。例えば、友達のお店の手伝いを不定期でしているなどではダメで、スーパーのレジやお惣菜工場などなんでもいいですが、週に数回、毎日数時間でもいいので継続的に働いてパート収入を得ていることが求められます。業者にもよりますが、基本的には勤務先に在籍確認が行われるので誤魔化すこともできません。

また、貸金業者では総量規制が働くため、年収の3分の1が借り入れの限度額となります。 例えば、扶養の範囲内で働いていて年収を100万円前後に抑えている場合、最大でも利用枠は30万円ほどが上限になります。実際にどの程度の利用枠が得られるかは、貸金業者の審査によって決定されます。よく利用する商業施設などでクレジットカードを申し込む際に、キャッシング枠を申し込む方法が審査に通りやすい方法の1つといわれています。

パート収入だけの主婦は銀行のカードローンは借りられる?

継続的なパート収入がある主婦であれば、銀行をはじめ、信用金庫などの金融機関のカードローンにも原則としてご主人の同意などなく、単独で申し込みをして審査を受けることができます。金融機関の場合は総量規制も適用されないので、年収の3分の1までといった制約もありません。そのため、理論上は例えば、年収が100万円の方でもその2分の1にあたる50万円の借入枠が得られる場合や、それ以上の枠が得られる可能性も残ることになります。

ただし、総量規制導入後、年収の3分の1ルールで借りられなくなった方が銀行などに流れ、銀行がどんどん貸し付けを行ったことで、返済に苦しむ人が増えてしまったという問題が生じています。そこで、金融庁から指導が入った関係で、銀行も審査基準の厳格化を図るなど自主規制を強化しつつある現実があります。そのため、収入がある主婦の方も年収の3分の1を超えて気軽に借りられない可能性が出てきています。銀行によっても運用が異なるため、直近の申込者の審査状況などをインターネットの口コミやレビュー、体験談などを探してチェックし、金額が大きくなりそうなところを探してみるのも1つの方法です。過去のレビューだと審査が甘い銀行が多いので、なるべく最近の履歴を確認しましょう。

スポンサーリンク

審査に通らないならどうしても借入したい

キャッシング厳選情報本気でお金に困ったら