借入れの繰り上げ返済をするとどうしてお得なの?

借入れの繰り上げ返済をするとどうしてお得なの?

カードローンやキャッシングは手数料無料で繰り上げ返済可能

カードローンやクレジットカードのキャッシングの返済には、支払期日を前倒しで支払う繰り上げ返済が利用できます。返済専用型の多目的ローンや、住宅ローンと自動車ローンのようにあらかじめ返済回数と期間が決まっている場合には、繰り上げ返済をするにも手数料がかかることがあり、返済しにくいというデメリットがあります。 しかし、カードローンやキャッシングは手数料無料で繰り上げ返済が可能です。締め日の翌月に一括払いができない場合はリボルビング払いが適用され、締め日当日の残高に応じて支払額が一定の金額に決められることが多いです。毎月一定額の支払いで済むので、返済計画や資金繰りがしやすいのがメリットです。

スポンサーリンク

審査に通らないならどうしても借入したい

キャッシング厳選情報本気でお金に困ったら

しかし、複利計算のために元金と残高に利息が付くので、利用残高が減りにくいというデメリットがあります。繰り上げ返済をして、早く残高を軽減すると総支払額を抑えることができるので、繰り上げ返済をするとお得になるのです。消費者金融のカードローンには、約1ヶ月周期で期日が来るサイクル制の支払い方を選べる場合があります。期日よりも前に支払うと自動的に翌日から数えて決められた日数後に支払期日が到来します。つまり、決められた期間より前に支払うと、次の支払期間もその翌日から起算されますので、自動的に繰り上げ返済をしていることになるでしょう。

部分返済をするには時期に注意

繰り上げ返済をする際には、支払う期間を勘違いすると当月分の期日返済扱いとなることもあるので確認が必要です。金融機関によって規定がありますが、支払期日から1~2週間程度前までの期間に支払うと、当月の支払いを事前に行った扱いになる場合もあります。繰り上げ返済をするなら、前月の期日から規定の期間前までに済ませておくのがおすすめです。

ATMを使った繰り上げ返済

繰り上げ返済は、ATMから現金を入金することでできます。金融機関直営のATMからの場合は、手数料無料で手続きができるのでとても便利です。稼働時間が決まっていることがあり、場所によって違いがあるため、金融機関のサイトで確認することを勧めます。提携のATMは商業施設や提携関係にある銀行で利用できます。最寄りに直営ATMがない場合でも大丈夫です。時間や場所を選ばずに手続きしたいのであれば、メンテナンス時間以外であれば利用できるコンビニのATMを使うと便利です。

ただし、手数料が必要で、扱う金額によって金額が変わりますので注意してください。大抵の場合は1万円以下であれば100円台、1万円を超える金額であれば200円台という所が多いです。硬貨が投入できない機械も多いことから、手数料はどのように支払ったら良いか迷う方もいるでしょう。手数料分は翌月以降の返済日に一緒に請求されます。あとで請求明細を確認するようにしてください。

インターネットで返済をするには

カードローンやキャッシングで会員専用サイトを設けていて、登録をしている場合には、繰り上げ返済の手続きをネット上からできます。返済方法に口座引き落としを選択している場合は増額返済の手続きをして、支払金額を増やして一緒に引き落とししてもらうように手続き可能です。メリットは、手数料が一切かからないことです。 返済手続き用の窓口にメールフォームで送信して依頼するかコールセンターに電話をして、返済専用口座の番号を教えてもらい振り込みをする方法もあります。振込先は会員によって違いがあるところもあり、その都度連絡が必要になることもあります。

同一銀行に口座がある場合は、振込手数料が安価になることがありますし、ネット銀行を利用しているのであればそちらから振り込みをすると手数料が大幅に軽減されることがあるでしょう。保有している口座がネットバンキングに対応していて、金融機関側で応じられれば、ペイジー料金収納を利用して相手先口座に振替することも可能です。会員専用サイトにログインして収納機関番号等を調べ、銀行側の口座のリンク先を選択する必要がありますが、手数料無料で振替できる場合が多いです。

残額をまとめて繰り上げ返済する時の注意

利用残高を一括してまとめて繰り上げ返済をする場合は、借入先に連絡をして、正確な支払金額を計算してもらう必要があります。把握している利用残高は当月分の締め日現在の金額ですので、繰り上げ返済をする日まで日割りで金利がかかっています。実際の利用残高に差が出ている可能性が高いです。オペレーターに一括で繰り上げ返済をすることを伝え、返済する日付を指定し、その日までの利息分を加算した利用残額を教えてもらいます。所定の方法で、日付を守って返済手続きを行います。

店舗の提携ATMを利用する場合にはお釣りが出ないので、紙幣で余分に支払わなくてはいけません。また、払い過ぎた金額は所定の日に指定した預金口座に返金されるので、心配する必要はありません。口座引き落としをしていた場合には、登録をしていた口座にそのまま返金され、ATMから月々の返済をしていた場合には、返金先の口座をどちらにしたらよいか問い合わせの文書が来ることもあります。手続きが面倒であれば、直営のATMや振り込みかペイジーによる振替を選んだ方が得策です。

スポンサーリンク

審査に通らないならどうしても借入したい

キャッシング厳選情報本気でお金に困ったら