キャッシングやカードローンの返済を銀行振込にする利便性と要注意点

キャッシングやカードローンの返済を銀行振込にする利便性と要注意点

自由に返済したい方に便利な銀行振込

キャッシングやカードローンは借入れも利用枠の範囲内で、いつでも何回でもいくらでも自由にできるだけでなく、返済のスタイルも自由度が高くなっています。返済日や一定の返済をする決まりはあるものの、その返済方法は自由で、ATMでカードを使って返済してもいいですし、あらかじめの手続きで銀行口座からの引き落としも設定できますし、ご自身でその都度、銀行振り込みをしても構いません。銀行引き落としの場合は毎月の返済額が一定額になるのが一般的ですが、銀行振り込みの場合は決められた額にプラスして自由な金額を返済することも可能です。

スポンサーリンク

審査に通らないならどうしても借入したい

キャッシング厳選情報本気でお金に困ったら

ご自身の資金的な余裕状況に合わせて、最低限の返済をする、より多くの返済をするなど加減ができるのも便利です。ネットバンキングを利用している方なら、パソコンやスマホで自宅にいながらや、旅行先や移動中、24時間いつでも好きな時に銀行振り込みができます。ATM返済と異なり、ATMまで行く手間が省け、行列に並ぶ必要もありませんし、誰かに消費者金融や銀行カードローンのカードを使って返済しているのを見られる心配もないので、家族や知り合いに借入れがバレたくない方にも安心です。

余裕がある時にどんどん返せる

銀行振込による返済は返済日の定時返済だけでなく、ゆとりがあるときに繰り上げ返済をするなど、いつでも自由に返済が可能です。借りたお金は借入金額が大きく、借入期間が長くなるほど利息が付きますので、ボーナスが出たり、臨時収入が入ったり、お金に余裕ができたときには積極的に返済すると余分な利息の支払いを抑えることができます。便利な銀行振込を活用して、積極的に返済を行い、利息をカットするのもおすすめです。

コストが発生する

ただし、銀行振込で返済する際には振込手数料が発生します。一部の業者では振込手数料が業者負担の場合や、手数料を軽減するような一定のサービスなどがある場合もありますが、通常は返済者の負担となっています。そのため、振り込みの都度、費用が発生し、頻繁に返済するほど費用負担がかさんで、利息の支払いよりコストが大きくなってしまう場合もあるので注意が必要です。一方で、ネットバンキングや銀行のサービスなどにより、振込手数料を無料で利用できる特典がある方や、月に何回まで振込手数料は無料という特典をお持ちの方なら、積極的に振込返済をしてもコスト負担なしに利息カットが目指せます。

振り込みの履歴が残ることや明細書が発送される

振り込みを行った場合、銀行の通帳に履歴が残り、ネットバンキングなどの振込履歴一覧にも履歴が残ります。履歴が残ることで返済管理ができるメリットがある一方で、家族などにバレるのを心配されている方にとっては通帳をうっかり見られてバレるリスクが気になります。業者によって、いわゆるキャッシングやカードローンと分かる名称での振り込みが必要になるところと、一見して家族にはどこに振り込んでいるのか分からない業者があるので、振込返済を利用する前にどの名称に振り込むのかを確認しましょう。家族にバレたくない方は借入れの返済だと明らかに分かる場合には振込返済をあきらめるか、通帳などの履歴を見られないように管理を徹底することをおすすめします。

また、銀行振込による返済を利用すると、その都度、取引明細書が郵送されるのが一般的です。そのため、家族と同居されている方や恋人などがポストを見て、気づかれてしまうリスクがあります。これを回避する手段としては、業者によって郵送に代えて電磁的記録の通知でネット状のマイページへの案内やメール通知のみにしてくれるところもあるので、事前に確認して通知の郵送をストップさせておくといいでしょう。

返済遅延を起こさないように注意

返済に銀行振込を利用する一番の注意点は、返済日を忘れてしまうことです。決められた返済日までに一定額の返済が必要にもかかわらず、うっかり振り込みを忘れてしまうと返済遅延になり、信用情報登録機関に記録されてしまいます。あとで利用限度額を増額したいという際や、他でローンを借りたい時の審査にマイナスの影響を与えてしまうので、返済遅延は避けたいところです。返済日を忘れないように、業者が提供するアラート通知やお知らせメールなどを利用することや、ご自身のスマホなどのカレンダー機能やアラート設定などを利用して、毎月の返済を忘れないよう管理しましょう。

また、振り込む曜日や時間帯と実際に入金される日時についても、よく理解しておく必要があります。原則として銀行営業日の営業時間内の振り込みであれば、ほぼリアルタイムで返済ができますが、営業時間外の場合には基本的に翌営業日の扱いとなってしまいます。例えば、真夜中に振り込みをした場合は翌朝の振込実行となります。その日が土日祝日である場合には翌営業日以降となるので、月曜日または月曜日が祝日の場合には火曜日となり、ゴールデンウイークや年末年始などは祝日明けにならないと業者に入金がされません。つまり、自分では振り込みをして返済したつもりになっていても、実際には返済ができていない状況となり、遅延する場合があるので気を付けましょう。

スポンサーリンク

審査に通らないならどうしても借入したい

キャッシング厳選情報本気でお金に困ったら