あなたならどちらを選ぶ?消費者金融VS銀行カードローン

あなたならどちらを選ぶ?消費者金融VS銀行カードローン

消費者金融と銀行カードローンの大きな違い

消費者金融でのキャッシングと銀行カードローンを比べた際、いずれもテレビCMや新聞広告や電車の中吊り広告や看板がバンバン出されて目立っており、申し込みもパソコンやスマホからやフリーダイヤルのコールセンター、自動契機機などが使え、カードが発行されてATMで借りられたり、銀行振り込みで借りられたりする仕組みとなっており、いったいどこが違うのかと思われるかもしれません。

スポンサーリンク

どうしても借入したい審査に通らないなら

本気でお金に困ったらキャッシング厳選情報

銀行のほうがイメージ的に信頼できて安心な感じがするとか、消費者金融のほうが気軽に借りられそうといったイメージで、どちらで借りるか決める方や、それぞれのカードローンの金利を比べて一番低そうなところに申し込めばいいと考える方もいるでしょう。ですが、1つ大きな違いがあり、消費者金融の場合は貸金業法による総量規制が適用され、すべての貸金業者で借りる総額が年収の3分の1までしか借りられない仕組みになっているのに対し、銀行カードローンの場合には総量規制はなく、銀行独自の審査基準で判断がされ、年収の3分の1を超える借入れも可能となっています。

既にたくさん借りているなら

そのため、消費者金融をはじめ、クレジットカードのキャッシング枠を持っている、信販会社で借入れをするなどしていて、既に貸金業者における借入額が年収の3分の1に達してしまっている方が、追加で借入れをしたいということであれば、銀行カードローンが有利ということになります。貸金業者では信用情報登録機関で情報を照会しているので、ご自身がまだ年収の3分の1まで借りていないと主張してもデータの照合によって、形式的に審査が通らないことになります。

これに対して銀行カードローンでは総量規制という法令上のルールは適用されないため、年収や勤務先、他の借入状況や資産状況などを総合的に判断して、まだ貸しても大丈夫と銀行が判断すれば借入れが可能となります。

高額の借入枠を希望するなら

海外旅行や高額なブランド品の購入などのために多額の借入枠が欲しいという方の場合、希望金額にもよりますが、銀行カードローンがおすすめといえます。なぜかというと消費者金融は消費者という名称が冠されているように、事業者向けの大口融資や住宅ローンなどの高額融資が基本であった銀行融資に対して、銀行での融資が受けられない一般生活者のための小口融資を提供しようと生まれた制度になります。

そのため、現在でも最大で300万円など借入れの上限額が低めの業者が多くなっています。800万円や1000万円レベルの借入枠が欲しい方は、希望額以上の上限額を用意している銀行カードローンを選ぶといいでしょう。

金利の低さを重視するなら

金利の低さでいうと、銀行預金などの資金源をもとに融資ができる銀行カードローンに軍配が上がりますが、実際に低い金利の適用が受けられるかは、その方の信用力の審査次第となります。金利の設定はキャッシングやカードローンによって異なっており、金利が1つだけで誰が申し込んでも一律の商品と、金利の下限と上限が設けられていて、申込金額によって決められる場合や、審査によって個別に適用される金利が決まる場合もあります。 審査によって個別に決まる場合、いかに下限が低いカードローンであっても、上限の最大金利が適用されてしまう可能性もあります。

最大金利が他のカードローンの一律金利より高い場合には、下限金利に魅力があっても一律のカードローンのほうが有利だったという結論になります。そのため、ご自身の信用力に自信がある方、つまり年収や勤務先、他の借入れがないなどで審査が通りやすい、高い評価が得られると思われるなら、金利が低い銀行カードローンを選び、そうでない場合には自分の信用力にマッチしたカードローンを検討するようにしましょう。

申し込みのしやすさやスピーディーな借入れを求めるなら

申し込みをする前に相談したいという方や、分からない点を確認しながら申し込みをして、すぐに借りたいといった場合には、銀行カードローンより消費者金融の店頭窓口を利用する方が便利かもしれません。銀行カードローンでは銀行の支店の窓口で担当者が応対していないケースも多く、設置されている自動契約機の利用を勧められることもあります。

また、消費者金融の店頭窓口はキャッシングの利用を希望する人や返済の相談に訪れる人のみなのに対して、銀行は預金や他の貸し付け、振り込みや送金、両替などに訪れる人で混雑しており、営業時間も平日の15時までで終わってしまうため、利用がしにくい、待ち時間が長いといった不便な点があります。消費者金融の店頭窓口は平日のみの営業でも、夕方18時や19時まで営業しているのが一般的で、仕事帰りなどにも立ち寄れ、業務もキャッシング専門なので長く待たされることもありません。そのため、申し込みから借入れまで30分ほどでスピーディーに借りられる期待が持てます。対面での手続きを希望し、短時間で手続きを済ませてすぐに借りたいのであれば、消費者金融のほうがおすすめといえるでしょう。それぞれのニーズに合わせて選ぶのがおすすめです。

スポンサーリンク

どうしても借入したい審査に通らないなら

本気でお金に困ったらキャッシング厳選情報