今ある借金を低利の銀行カードローンにまとめてスムーズ返済を

今ある借金を低利の銀行カードローンにまとめてスムーズ返済を

銀行カードローンのおまとめローンとは

銀行カードローンではこれまでの借金を返済するために利用できる、おまとめローン限定のタイプや借り換えにも利用できるカードローンも用意されています。例えば、現在借りているキャッシングやカードローン、その他のローンの金利が高くて金利負担が重く、より低利の銀行カードローンに変更したい場合や、借入先や返済日の異なる複数の借金があり、返済の管理が上手くいかず一本化したいといったケースなどに利用できます。

スポンサーリンク

審査に通らないならどうしても借入したい

キャッシング厳選情報本気でお金に困ったら

返済日が異なることで、返済日をうっかり忘れて返済遅延をしてしまった場合や、残高不足に気づかず返済できなかった経験がある方も、返済日が1つになれば管理がしやすくなり、返済し忘れの防止にもつながります。

利用にあたっての注意点

おまとめローンを利用するうえでは、利用したい目的を満たすかを十分に検討してからの利用が基本となります。例えば、金利負担の軽減を求めている方や、現在の返済額より月々の返済額を軽減したいという方は、実際に借りた際にその目的が達せられるのか、事前に返済シミュレーションを丁寧に行いましょう。なお、金利負担の軽減と毎月の返済額の軽減は必ずも一致しません。現在より適用金利が下がっても、毎月の返済額も一定額以下に抑えようとすることで返済期間が長くなって、金利の総負担額が増えることもあります。

また、金利の総負担額を抑えようとすると、月々の返済額が現在よりもアップすることもあるからです。 そのため、ご自身の優先順位や目的に合わせて、希望に沿った返済になるようにシミュレーションをしっかり行い、納得してから申し込みをしましょう。返済日の統一化を図りたい方は、おまとめ後の返済日がいつになるのかをよく確認しましょう。せっかく返済日が1つになって管理しやすくなっても、給料日の直前が返済日となって返済資金の捻出に困り、返済遅延を頻発させるのでは意味がありません。

返済以外の目的では借りられないケース

おまとめローンの中には資金使途が借金の返済のみに限られ、カードが発行されても、それで借りることはできず、もっぱらATMでの定期返済や随時返済のために利用するタイプもあります。既存の借金の返済に使用目的が限定されるおまとめローンのメリットは、本来なら審査に通らない借入金額が通る可能性があることです。例えば、年収が500万円の方が現在の借入金が総額で200万円あり、この借金を返済する資金を得たいと新規で200万円の銀行カードローンに申し込むと、審査の時点では総額で400万円になってしまい、審査に通らない可能性があります。ですが、200万円の借金を返すためという目的でおまとめローンに申し込んだ場合には、200万円が借りられるかの審査になりますので審査に通る可能性が高まります。

もう1つのメリットは、おまとめローンの場合は新たな貸し手である銀行が、他の銀行やや信用金庫などの金融機関で借りているローンや、各ローン会社や消費者金融などで借りている金額を、新たに融資する資金を使って全額返済してくれるサービスもあることです。自分で1つ1つの業者に返済するより楽で、確実に既存の借金を完済させることができます。なお、ご自身で返済をするケースでも、返済をしたことを示す清算書などの証明書類の提出がもとめられるため、既存の借金をうやむやにすることなく、確実に完済ができるのがメリットです。

対象になる借金が決められていることも

おまとめローンでまとめられる借金は、基本的に無担保の個人向けのローンとなっています。不動産担保ローンなどの有担保ローンは含められず、個人事業主などが利用する事業向けのローンもおまとめの対象にはならないのが基本です。また、おまとめに利用する銀行で借りている他のローンも一般的にはおまとめの対象とはなりません。

借り換え目的でも利用できる資金使途自由の銀行カードローン

これに対して銀行カードローンの中には借り換え目的にも利用できることで、おまとめに使えるタイプもあります。ただし、気を付けたいのは全ての銀行カードローンで利用できるわけではないことです。銀行カードローンは基本的に資金目的は自由とされていますが、銀行によって例外や除外対象が設けられています。借りた資金を使用できない例として事業資金や投機目的が一般的ですが、銀行によっては借り換えや借金の返済には利用不可としているところもあるので注意しましょう。

逆に借り換えに利用できる銀行カードローンは、その旨をアピールしているケースも多いので比較的見つけやすいです。気を付けたいのは現在の借金があることを前提に審査がなされるので、収入や借入残高によっては審査に通らない場合や、既存の借金を返済できるだけの利用枠を得られない可能性があることです。一方で、大きな希望額の審査に通れば、借金の返済はもちろん、利用枠の範囲内で買い物や旅行、生活費などにも充てる資金を借りることができます。これまでより大幅な低利で借りることができれば、従前の借金の返済額を減らしながら、買い物費用などの新たな借入れも可能となります。

スポンサーリンク

審査に通らないならどうしても借入したい

キャッシング厳選情報本気でお金に困ったら