無職や生活保護受給者でもお金を借りたいけれど借りることはできるのか

無職や生活保護受給者でもお金を借りたいけれど借りることはできるのか

無職や生活保護受給者は審査対象外?

どのような人であっても突発的にお金が必要になる事態はあり、その時にまとまったお金がなければキャッシングやカードローンの利用を考えます。キャッシングやカードローンの間口は広く、中小企業の消費者金融にまで拡大して借入先を探せば、ブラックリストに登録されている場合や自己破産をしていてもお金を貸してくれるところは見つかるものです。

スポンサーリンク

審査に通らないならどうしても借入したい

キャッシング厳選情報本気でお金に困ったら

しかし、ブラックリスト入りしている人や自己破産中の人よりも審査に通らない人が存在しており、無職や生活保護を受給している人は審査対象から除外されてしまいます。無職や生活保護受給者がいくらお金を借りたいと思って申し込んだとしても、審査の段階で弾かれてしまうので借入れをすることができません。なぜ無職や生活保護受給者は例外となってしまうのでしょうか。

なぜ無職や生活保護受給者はお金を借りられないのか

消費者金融や銀行がキャッシングやカードローンの利用を認めるうえで必須ともいえる条件が返済能力があることです。消費者金融や銀行はお金をあげるのではなくあくまで貸しているので、確実にお金を返してもらわなくてはなりません。ブラックリスト入りや自己破産をしていても、無職や生活保護を受給しておらずきちんと働いて収入を得ていれば返済能力があるとみなされるため融資をしてもらえるのです。

無職の場合は収入がありませんから返済能力がなく、生活保護受給者はそもそも自力で生活を成り立たせられないから生活保護を貰っているのであって、返済能力以前の問題となります。そのため生活保護費は収入とはみなされず、無職と同じ扱いになってしまうのです。

借入れができるのは自立して生活ができる人だけですから、生活保護を受けていることを隠して借入れをしてしまうと、自力で生活できるのではないかと判断され保護が打ち切りになることもあります。自分で自立した生活ができるのならば打ち切りになっても良いですが、生活の目処が立たない段階で借入れをするのはリスクが高過ぎるので避けた方が無難でしょう。

無職であっても専業主婦は例外

無職はお金を借りることができないと話しましたが、無職であっても専業主婦の場合は話が別で借入れをすることが可能なケースがあります。専業主婦は家事を中心に仕事をしているので、収入があるわけではないから本来なら借入れができないのですが、夫の収入を担保に借入れることが可能です。本人の収入はゼロであっても世帯収入があれば、それが返済能力があるとみなされる要素になりますので借入れることができます。

ただ、消費者金融の場合は世帯収入ではなく本人の収入でなければ認められないとしている場合が多いので、専業主婦でも借りられるところを探しておく必要があります。銀行のカードローンは配偶者の収入も合算できるので、本人の収入がないことを理由に断られる可能性がぐんと低くなります。過去に何らかの金融トラブルを抱えたことがあると銀行であっても審査が厳しくなりますので、利用は控えた方が良いかもしれません。どうしても借りたいからと闇雲に審査を通そうとすると、多くの消費者金融や銀行に審査の申込みをした記録が残るので申し込んだ時点で門前払いをされてしまいます。

無職や生活保護受給者でもお金を借りる方法はあるの?

専業主婦ではない無職や生活保護受給者がキャッシングやカードローンに申し込んでも利用できない理由を話しましたが、審査に通るためにできることがないわけではありません。キャッシングやカードローンは返済能力の有無が審査の合否を決めるのですが、この返済能力は何も会社勤めをしていることが必須ではなく、安定した収入があればアルバイトやパートでも良いということです。無職の人の場合は何でも良いのでアルバイトやパートを始め、生活保護受給者も同じようにアルバイトやパートを行ってみると審査に通る可能性が出てきます。

生活保護を貰っているのにアルバイトやパートをしても良いのかと疑問に思うかもしれませんが、生活保護の最終目標は自立した生活を送ること、つまり働いて収入を得られるようにすることです。アルバイトやパートで収入を得ることは社会復帰をして自立した生活を送ることができる第一歩なので、収入の分受給額は減らされますが働くことをむしろ歓迎してくれます。

また、生活保護受給者であっても融資を受けることができる可能性がある目的に、自立するために使うということが挙げられます。資格取得のために学校に通いたいなどまとまったお金が必要な場合、買い物目的で使いたいというような理由よりも通りやすく認めてもらえる可能性があります。いずれにせよケースワーカーに相談をして、こういった事情でまとまったお金が欲しいということを伝えてみると話が通る可能性も否定はできません。ただし自立のため、という言い訳で遊び目的にお金を使ってしまうと支援を打ち切られる可能性が高くなるので嘘を吐いて借入れることは絶対にやめましょう。

最後に

無職や生活保護受給者は返済能力がないため、キャッシングやカードローンを利用しての借入れは基本的にできません。生活保護受給者の場合は借入れをしてしまうと、生活保護が打ち切りになってしまう可能性もあるのでケースワーカーに相談をした方が良いと言えるでしょう。無職であっても専業主婦は世帯収入で勘案してくれるため借入れができ、どうしても借入れたい場合はパートやアルバイトで収入を作る必要があります。

無職や生活保護受給者でもOKと謳う業者は闇金であり、借りてしまうと最悪の場合犯罪に巻き込まれることもあります。基本的に無職や生活保護受給者は借入れることができないのだと考え、借入れを行う場合には収入を作る努力から始めてみることをおすすめします。

スポンサーリンク

審査に通らないならどうしても借入したい

キャッシング厳選情報本気でお金に困ったら