実は純粋な来店窓口がない銀行カードローン

実は純粋な来店窓口がない銀行カードローン

都合や利便性に合わせて選べる銀行カードローンの申込み方法

銀行カードローンを申し込むにはご自身の申込みにかけられる時間帯や、理解しやすい手続き方法、本人確認書類や収入証明書の提出のしやすさなどに合わせて方法を選ぶことができます。銀行によっても提供する方法は異なりますが、支店のATMコーナーなどに設置されている自動契約機やテレビ電話窓口、土日祝日も営業時間の範囲で利用できるコールセンター、基本的に24時間365日いつでも申し込めるインターネット申込みがあり、パソコンまたはスマートフォンでも申し込めるのが基本です。

スポンサーリンク

どうしても借入したい審査に通らないなら

本気でお金に困ったらキャッシング厳選情報

また、地方銀行など一部の銀行では手続きにやや時間がかかりますが郵送による申込方法や、店頭窓口での対人対応を行っているところもあります。銀行の違いや申込方法の違いによって、利用できる本人確認書類が異なる場合もあるので、申込みをする前に申込みから契約、カード受取までの流れと、審査時間や審査にかかる時間などをよく確認してから利用しましょう。

来店なら自動契約機やテレビ電話窓口を

銀行というと来店での手続きが普通に思えますが、大手の銀行カードローンを中心に支店の窓口では申込みを受け付けていません。その代わりとして支店のATMコーナーなどに設置されている自動契約機やテレビ電話窓口を案内されます。自動契約機やテレビ電話窓口の利点は店頭窓口が営業を終了してしまう平日の15時以降も夜遅くまで利用ができ、土日祝日も夕方頃まで利用できることです。

もう1つの利点は申し込みから審査、カード発行までワンストップで行われ、最短30分から40分ほどでカードが受け取れることです。カードを受け取れば、目の前にある銀行のATMで借入れができ、即現金が手に入ります。消費者金融などのカードを使う場合、提携ATMとして借入時にATM手数料がかかることが一般的です。しかし銀行カードローンの場合、同じ銀行の直営ATMを使えば利用手数料無料などの特典やサービスが用意されることも多いので、よりお得に低コストで借りられます。

何処からでも気軽なコールセンター申込み

銀行カードローンを借りるうえで来店が面倒な方に便利なのが、コールセンター申込みです。近隣に支店がない方や、家族や職場の同僚、知り合いなどに自動契約機やテレビ電話窓口を利用している姿を目撃されたくない方、都心に引越す前に都市銀行がない地方から手続きをしておきたいという方も便利です。コールセンターも平日は21時ごろまで利用でき、土日祝日も夕方頃まで営業ししているので便利です。

一般的にフリーダイヤルが用意されているため、通話料もかからず、安心して利用できます。ただし、本人確認書類や収入証明書の提出は郵送またはFAXとなってやや手間がかかり、カードの受け取りは郵送となります。なお、申込みや審査だけをコールセンターで行い、本人確認書類の提示とカード受取を来店により自動契約機やテレビ電話窓口で行う方法もあります。

いつでも何処でもスマホやパソコンで申込み

24時間365日いつでもパソコンやスマートフォンを使ってインターネットから申し込む方法もあります。ただし、審査は銀行によっても異なりますが、平日は朝9時から夜21時頃まで、土日祝日は17時頃までとなっているので、審査結果の通知は24時間対応ではありませんので、急ぎの方は注意しましょう。

本人確認書類や収入証明書は写メで写真を撮って画像をインターネット上でアップロードする形で提出ができ、カードは郵送にて送られてきます。必要書類をアップロードして、WEB完結で契約ができる場合には、カードを受け取らなくても振込キャッシングにより、銀行口座に借入金を振り込んでもらうことも可能です。なお、家族バレを防ぎたいなど、郵送でカードを受け取るのが困る方はコールセンターの場合と同様、来店により自動契約機やテレビ電話窓口で受け取る方法もあります。

ネット専業銀行はネット申込みが基本

店舗を持たないネット専業銀行の場合、インターネット申込みが基本になります。また、専用のスマートフォンアプリをダウンロードすることで申込みから手続き、契約をはじめ、借入れや返済もスマートフォン1つで利用できるサービスを提供しているところもあります。インターネット申込みやスマートフォンアプリを利用する場合、本人確認書類や収入証明書の提出も、画像をアップロードする方法が基本ですが、上手くいかないといった方ややり方がよく分からない場合に備え、審査に時間がかかりますが郵送による送付も受け付けられていることがあります。

なお、カードが発行される銀行のほか、カードレスでネットキャッシングのみというところもあります。カードが発行される場合には銀行口座を開設しなくても利用できる場合が多いですが、ネットキャッシング専門の場合には自行の銀行口座への振り込みを基本としており、既に銀行口座を持っている方か、ネットキャッシングの利用申し込みと同時に銀行口座の開設が必要になる場合もあります。銀行口座の開設を伴う場合には、キャッシングのみの審査に比べて時間がかかるので注意が必要です。

スポンサーリンク

どうしても借入したい審査に通らないなら

本気でお金に困ったらキャッシング厳選情報