キャッシングやカードローンで審査をするのはなぜ?

キャッシングやカードローンで審査をするのはなぜ?

キャッシングやカードローンの審査って何であるの?

お金を借りる際やクレジットカードなどを作る際には当然にある審査ですが、審査されるのは当たり前と思っている方もいれば、そもそもなぜそんなことをするのか分からないという方もいるかもしれません。お金を借りたことがない方やクレジットカードの作成経験がない方など、金融リテラシーがあまりない方も、なぜキャッシングやカードローンで審査が必要になるのかをきちんと理解しておきましょう。審査の必要性について理解を深めることで、どうすれば審査に通りやすくなるのか、大きな金額を借りるにはどのような条件が必要となるのかなども理解でき、それに向けての準備もしやすくなるはずです。

スポンサーリンク

どうしても借入したい審査に通らないなら

本気でお金に困ったらキャッシング厳選情報

借りるには返済能力が必要

キャッシングやカードローンを利用したいと思う際は、多くの方がお金が足りない、お金が必要など資金ニーズが高く、お金に困っているから借りたいという方も多いのではないでしょうか。一方で、貸す側としてはその人に返済能力がないと貸してはくれません。お金に困っているから借りたいのに返済能力がないと貸してくれないとなると、商売気がないのではと思われそうですが、借りたお金は返す必要がありますので、返済能力を求められるのは当然のことなのです。

キャッシングやカードローンの事業者はボランティアでお金を貸しているわけでも、無償で寄付してくれるわけでもありません。貸したお金には利用料としての利息を付けて返してもらうことで、商売や事業が成り立っています。つまり、利息をつけて返せる見込みがない人には貸せないのです。今はお金が足りなくても将来的に少しずつ返せる見込みがあるか、一定の返済期間をかければ返せるかを審査によって確認しているのです。

返済能力はどうやって判断するの?

返済能力の有無やレベルを判断することを審査と呼んでおり、年収をはじめ、個人にまつわる多様な要素をもとに総合的に判断がなされます。例えば、正社員として会社に勤務している、公務員として働いているという場合、自己都合などで辞めない限りは継続的に収入が入ってくることが期待できます。今はお金が足りなくて借りたいニーズがあっても、継続的に入ってくる収入を使って返済してもらえる可能性が高いと判断されます。

一方、アルバイトやパート、派遣社員の場合には今は収入があっても、将来的には契約期間が切れる場合や、会社の都合で解雇されてしまうリスクもあります。そのため、雇用形態や収入が不安定とみなされるので、正規の社員や公務員に比べると返済能力が低いと判断されます。それでも、無職の方や日雇いの方、収入がない専業主婦の方や学生などと比べれば返済能力が高いので、正規の方に比べると少額になったとしても貸してもらえる可能性が高まります。一方、審査基準の見方によっては、専業主婦は夫の扶養に入っており、夫に収入があるため、返済能力ありと判断するケースもあります。

継続的な安定収入がポイント

返済能力の有無やレベルを判断するうえでは、収入の金額以上に継続的で安定的な収入があることがポイントになります。利息を付けて毎月返済していき、最終的に完済を目指すうえでは、一時的にお金が入るのではなく、少しずつでも継続的で安定した収入があるほうが貸す側としては安心だからです。そのため、アルバイトや派遣社員などの非正規の方や、収入に変動がある職業の方、個人能力や働き方次第で収入に安定性がない個人事業主の方は返済能力が低くみなされがちです。

一方で、正当な理由がない限り解雇のリスクがなく、万が一リストラされても失業保険が適用され、病気やケガで働けなくなっても一定の給与保障がある社会保障が充実した正規社員や公務員の場合は安定的で継続的な収入が認められやすく、返済能力が高いとされて審査にも通りやすいことに加え、希望金額の借入れも叶いやすくなります。

個人的な事情も斟酌

雇用形態や職業、勤務先というのはあくまでも、その状況であれば一般的に返済能力が高いとみなされるにとどまります。具体的にはその人の事情も含めて判断しなければなりません。いかに公務員や大手上場企業に勤めるエリートサラリーマンであったとしても、既に多額の借金を抱えている場合や、過去に滞納履歴や返済遅延を起こした履歴があれば、返済能力がないとみなされ審査に通らない可能性もあります。

また、借金は抱えておらず、初めての借入れであっても、得ている年収に比して扶養家族が多く生活費用がかさむことが予測され、返済資金に回す余裕がないといった方や、賃貸住宅居住で家賃が高く住居費用が多い方などは返済能力が低いと判断されることもあります。独身で実家暮らしなら年収が低めでも、出て行く費用が少なく返済能力は安心と判断されることもありますし、年収が高めでも賃貸住宅暮らしで扶養家族が多いと返済能力は低めと判断されることもあります。つまり、その方の家族構成や住まいの状況、他の借金の状況やマイホームの有無など資産状況を細かく勘案して審査が行われ、返済能力の高さを判断し、いくら貸すのか、または融資しないのかが判断されます。

スポンサーリンク

どうしても借入したい審査に通らないなら

本気でお金に困ったらキャッシング厳選情報