介護ローンの特徴を確認して賢く利用しよう

介護ローンの特徴を確認して賢く利用しよう

介護ローンとは

ローンにもさまざまな種類がありますが、最近注目されているのが介護ローンになります。介護ローンとは、介護をすることを目的として契約できるローンのことをいいます。なぜこのようなものができあがったかといえば、一つは介護にお金がかかるからです。昔のように、高齢者を自宅で見ていた場合は介護を施設に任せる必要はありませんでした。ですが、核家族化が進み親と子供の世代が別々に住んでいると親の世代だけではどうにもならなくなります。

スポンサーリンク

審査に通らないならどうしても借入したい

キャッシング厳選情報本気でお金に困ったら

そこで、介護施設などに預ける必要が出てきますがこのときに大きなお金が必要です。結果的に、このようなローンができあがりました。もう一つは、昔のように十分な蓄えを持っている家庭ばかりではないからです。介護のことを考えながらもお金をためていた人ならば問題ありませんが、そうでなければいざという時に十分なお金を用意できない可能性があります。この時、ローンがあれば少なくともお金を払い施設などに預けることができるでしょう。

介護ローンのメリットはどんなところ?

介護ローンにもメリットがありますが具体的にどのようなところがあるでしょうか。一つが、比較的緊急性の高い場合が多いですのですぐにお金を借りることができる点です。もちろん審査に通ることが必要ですが、審査もそこまで時間がかかりませんのですぐに介護が必要になった場合でも現金を手に入れることが可能になります。場合によっては申し込みから三日以内に介護に必要なお金を手に入れることが可能なことも少なくありません。

二つ目は、カードローンやフリーローンなどと比べると金利が低くなっていることです。カードローンやフリーローンは、100万円以上のお金を借りる場合でも15パーセント未満になっていることがほとんどです。ですが、介護ローンの場合にはもう少し低く上限が設定されており8パーセントぐらいになっているのが特徴です。つまり、カードローンなどを利用するよりも半分の金利で済んでしまうのが大きな魅力といえるでしょう。介護に使う明確な目的は必要になります。

介護ローンのデメリットはどんなところ?

介護ローンは、メリットばかりではなくデメリットがあることをよく理解しておく必要があります。この点を理解しておかないと、よいとこばかりを見てしまい後になって話しが違うなどと感じてしまうことがあるからです。デメリットの一つ目は介護全般に使えるお金とは限らないことです。資金の使い道がどのようになっているかといえば、これは介護費用に限定されています。実は、介護に伴う医療費などに関しては一切使うことができません。そのため、医療費は自己負担をしなければならないことを頭に入れておく必要があります。

もっとも医療費といっても国が7割程度を負担してくれますので、そこまで大きな負担にはなれないはずです。もう一つの問題点は審査に通りにくい傾向があることです。もちろんすぐに収入があれば審査に通らないわけではありません。ただ、介護にかかる費用は\50000や\100000程度ではなくそれ以上になることはほとんどです。そうすると、ある程度収入がなければお金を借りることができない可能性が高いわけです。つまり、だれでも借りることができるわけではなく一定の人に限られてくることを理解しましょう。

介護ローンを賢く利用する

介護ローンを利用する場合には、むやみに借りるべきではありません。やはりそこには金利がかかる以上必要最低限のものを利用する必要があるからです。そこで、ほかの制度と併用することを頭の中に入れておく必要があります。例えば、公的な貸し付けなども視野に入れておくと民間のところから介護のローンを借りずに済む場合もあります。それでも介護ローンを利用する必要がある場合もありますので、まずは市町村で行っている公的な資金を検討してから次に民間のローンを利用する必要があるでしょう。

公的な貸し付けとしては、生活福祉資金貸付制度や育児・介護休業対策資金などがこれに該当します。もちろんこれらもだれでも利用できるわけではなく一定の審査が必要です。形式的な条件としては、65歳以上の高齢世帯や低所得の世帯が対象になっていますので、これらに該当しなければそもそも利用できないとも言えます。ただ、漠然と低所得と書かれているだけですのでどの範囲の所得なのかは明確になっていないことが多く、争点は各市町村によってきめられていますので一度相談をしてみると良いです。

まとめ

介護ローンを利用する場合には、しっかりとその意味を理解しておく必要があります。これは、そもそも介護にお金が必要になった場面で初めて機能するものです。それ以外の目的では利用することができませんので注意しなければなりません。それに合わせて理解しておきたいのは、そもそも医療費の負担の分に関してはローンで借りることができません。医療費負担は、3割負担で自己負担が原則ですのでその部分の負担は介護ローンを一切利用することができないわけです。

これを利用するメリットとしては、金利が比較的安いことです。例えばカードローンなどと比べると、金利が半分程度になりますので長期的に借りたとしてもそれほど大きな負担にはなりません。もともと低所得者が対象となっていることから、金融機関もあまり金利を高くするわけにはいかないわけです。このように、メリットや問題点はそれぞれありますが、公的な資金援助を制度を利用して可能な限り民間の炉を使わないようにする方法も頭に入れておくとよいです。

スポンサーリンク

審査に通らないならどうしても借入したい

キャッシング厳選情報本気でお金に困ったら