消費者金融の取り立て、厳しい?それとも…

消費者金融の取り立て、厳しい?それとも…

ありがたい反面時に厳しくもある消費者金融

お金が急に入り用になったけれどすぐには用意できない、というとき皆さんはどうするでしょうか。親や友達に借りる、という手段も考えられますが、簡単に返せる額ならともかく、多額の借金となると躊躇してしまう人がほとんどでしょう。だからといって銀行に行っても個人的な理由では貸してくれないことがほとんどです。ですので、大抵の人は消費者金融に行って借入れの申請をするでしょう。最近は消費者金融のCMなどが目につくようになっていますが、そこで歌われている通り審査がすぐに終わる企業もありますし、借入額も一定額までならすぐに用意してもらえる場合があります。

スポンサーリンク

どうしても借入したい審査に通らないなら

本気でお金に困ったらキャッシング厳選情報

近年では店舗ではなくATMで借入れが行えるようになった消費者金融も存在しますので、利用者にとってはより便利にお金が借りられるようになっています。とはいえ、一見ありがたいことばかりに見える消費者金融ですが、注意して使わなければお金を借りる前よりも困った事態になってしまう可能性もあり得ます。特に返済が滞ってしまった場合はなおさら覚悟しなくてはなりません。ペナルティとしてより多くの額を返済する羽目になるところもありますし、最悪の場合破産に追い込まれる可能性さえあるからです。

消費者金融から取り立ての人は来る?

ほとんどの人はこれまで消費者金融で返済を滞らせたことなどなく、きっちりとお金を返した経験しか持っていないでしょう。それゆえ、実際に消費者金融の返済を延滞したらどうなるかを知らない人が大半のはずです。我々がイメージする消費者金融の取り立ては、家に押しかけてきて入口をドンドンとたたいたり、中に入ってきて家財を横取りしていったり、といった厳しいものです。もちろんいくらお金を貸している立場だからといってそんなことをする権利はありません。実際にそんな企業があるとしたら恐喝罪や窃盗罪で逮捕されてしまうでしょう。

ですからそこまで怖がる必要はないのですが、かといって開き直ってもいけません。消費者金融からの取り立ては確実に行われます。消費者金融に対して延滞をしてしまった場合、まずは郵便を通して返済の催促がやってきます。もちろん脅迫するような文面ではなく、この日にまで既定の金額を返してほしい、という事務的な文面が並んでいます。本来ならここでしっかりと対応しなくてはならないですが、それでも返さなかった場合はいよいよ取り立て担当の社員が家にやってきます。

自宅に消費者金融の人がやってきたら

ここでも消費者金融の社員さんが取る行動はいたって穏やかなものです。玄関を開けて出てきたら、これまで郵送されてきたものと同じような文面を渡されて、返済していただけませんか、と交渉されます。ここまで来たらいつまでにお返しします、と返答する人が大半でしょう。返済する意思があると確認したら、社員さんは持ってきた誓約書を渡してハンコをしてくれるように頼んできます。が、なかにはどうしても返せない、というケースもあり得ます。その際にはいよいよ裁判せざるを得ない、と伝えられます。もっともすぐに裁判にまで至るわけではなく、消費者金融が委託している弁護士が準備をしなければならないので2ヶ月程度猶予は与えられます。

法律的にはお金を返せない人は民事裁判で不利になりやすいですし、もし有罪となったら給与からの差し押さえが可能となってしまいます。それでも払えない、となったら最終手段として債務整理の手続きを進めなくてはなりません。こうならないように気を付けて返済計画を立てましょう。

会社に電話は来る?

ところで、消費者金融でお金を借りた経験がある人ならご存知でしょうが、借入れの申し込みをする際には自分の住所などだけでなく勤務先の会社の情報も書く必要があります。これはどういう企業に勤めていてどれだけ収入が見込めるか、ということを確認するために欠かせない情報となるのですが、場合によっては会社に取り立てが来るのではないか、と危惧させる要因にもなっています。とはいえ、実際に会社にまでやってくる消費者金融は存在しませんので同僚にバレるかも、と心配する必要はありません。あくまでも取り立ては自宅に対してのみ行われます。

取り立て詐欺には注意!

ところで、こうした消費者金融の取り立て手段を利用して、悪事をなそうとする人々も存在します。これくらいの借金がありますので返してください、とお金を要求してくる人たちには騙されないようにしましょう。まず特徴として、彼らは電話を通じて取り立ての連絡をしてきますが、もしかしてあの金融機関だろうか、と思わずにこの時点で詐欺を疑うことが重要です。詐欺をする集団は顔がバレてしまったらまずいから電話を使う、というのが理由の1つでもあるのですが、それだけでなく消費者金融は電話を使って取り立てはしません。

相次ぐ詐欺の横行に対応を迫られた消費者金融側は方針を明確にして、利用者に誤解を与えないようにしているのです。その他、すぐに裁判をすると脅迫してくる人たちも注意しましょう。先程も述べたように実際に裁判が行われるまでには一定期間の準備をする必要があります。

スポンサーリンク

どうしても借入したい審査に通らないなら

本気でお金に困ったらキャッシング厳選情報