安心で低い金利の銀行カードローンのすすめ

安心で低い金利の銀行カードローンのすすめ

銀行と消費者金融とどっちが良い?

急にお金が必要になったときカードローンが一枚あると手軽で便利です。基本的に保証人が必要なく、返済する際には利息が発生しますが、たとえば一括返済をすればそれほど大きな額とはなりません。人からお金を借りることを考えれば、誰かに迷惑をかけることもないので精神的にも楽です。ところで、カードローンやキャッシングによってお金を借りる場合、主に消費者金融から借りるか、それとも銀行から借りるかをまず決める必要があります。

スポンサーリンク

審査に通らないならどうしても借入したい

キャッシング厳選情報本気でお金に困ったら

審査さえ通ればどちらを利用しても良いのですが、それぞれ特徴があるので、まずはその特徴をよく見比べてみる必要があります。大雑把に言えば、信用という点では銀行が圧倒的に有利です。消費者金融でも大手になると銀行と提携していたりするので、サラ金と呼ばれていた時代に比べれば大きな問題はないのですが、闇金のような悪質な業者はいまも存在しています。その点で銀行は安心感があります。

また金利を比較してみると、銀行の方が消費者金融よりも低い金利を設定していることが多いようです。金利が低ければその分返済額も少なくなるのでお得です。分割払いを選択すれば、金利差はなお一層大きく響いてきますので、金融機関を選ぶうえでは重要なポイントになります。ただし消費者金融だけでも1000社以上あり、銀行も都市銀行をはじめ、ほとんど地方銀行でもカードローンを行っています。

そのためどの金融機関を利用するかということに関しては、個別に内容を精査し比較検討していく必要があります。手間がかかりますが大切なポイントなので避けて通るわけにはいきません。なおインターネット環境があれば、店舗に出向く必要はないので、どこにいても全国の金融機関のカードローンを利用することが可能です。

銀行カードローンの金利の特徴

銀行カードローンは消費者金融と比べると金利を安く設定している場合が多いです。金利の上限は決まっていますが、それ以下であれば自由に設定することができます。金融機関としては上限枠ぎりぎりで融資した方が、儲けも多くなるわけですが、利用者は金利を少しでも低く抑えたいと思っているので、高い金利を設定していると避けられてしまいかねません。金利設定は金融機関を選ぶ際の大きなポイントになるのです。

銀行カードローンの金利は全般的に消費者金融の金利よりも低く設定しているとはいえ、大手の消費者金融の中には銀行並みの金利を設定していたり、短期無利息期間を設定していたりなど、魅力的な商品が少なくありません。そのため銀行ごとに金利がいくらに設定されおり、どのような商品が用意されているのかをじっくり比較検討していくことが大切です。たとえば、地方銀行などに多いのが、その銀行に口座があって利用しているお客さんや住宅ローンを利用しているお客さんには、一般に比べてより低い金利でカードローンを利用することができるようにしていることです。地元の安心感に低い金利がプラスされれば、かなり魅力的と言えるでしょう。

実質年利の幅にご注意を

ところで、銀行カードローンの金利を見ると、3.8%~14.8%というように幅があります。これはどういうことでしょうか。そして実際にお金を借りた場合、どの金利が適用されるのでしょうか。金利に幅があるのは、融資額によって金利が異なるからです。融資額が少ない場合は金利が高くなり、融資額が多くなると金利は低くなります。

たとえば10万円程度の少額融資であれば、金利幅が3.8%~14.8%を設定している銀行の場合、年利14.8%の金利が適用されることになります。最低金利ばかりに目が奪われて、自分が借りることになる金額に対する金利を比較しないと意味がないのです。この点は注意が必要です。

金利と同時に手数料にも注意

銀行カードローンを選ぶ場合に、金利比較は最も重要なポイントですが、それ以外にも注意しなければならないことがあります。その1つが手数料です。お金を借りる際あるいは返済する際にATMを利用すると、手数料が発生する場合と発生しない場合があります。手数料が無料となる月の回数制限が設定されている場合もあります。小さなことかもしれませんが借りる前に確かめておくことをおすすめします。

銀行カードローンの審査は厳しくなった?

銀行カードローンは消費者金融に比べると金利が低く安心感もあるので、お金を借りる場合にはおすすめです。ただ審査に通ればという条件が付いています。無条件に融資してくれる銀行はありません。銀行の審査はひと昔前に比べると緩くなってきていますが、それでも一般的には消費者金融に比べると審査は厳しいと考えられます。

また2018年1月より即日審査・即日融資ができなくなりました。この点でも要注意で、いますぐにお金が必要という場合は難しくなりました。この審査さえ問題がなければ、銀行カードローンは消費者金融に比べるとメリットが大きいです。あとはどの銀行を選ぶかということになるので、地元の銀行をはじめ、都市銀行や他の地域にある地方銀行なども含めて比較検討してみると良いでしょう。

スポンサーリンク

審査に通らないならどうしても借入したい

キャッシング厳選情報本気でお金に困ったら