教育ローンの特徴を確認して賢く利用しよう

教育ローンの特徴を確認して賢く利用しよう

教育ローンとは

子供が学校で学んでいくためには、相応の資金が必要になります。必要な時に保護者が用意できればいいのですが、家計に余裕がない、貯金がないとそれも難しいです。そこで住宅ローンのように保護者が融資を受けて、少しずつ返済していくというのが教育ローンです。教育ローンを利用することで、子供に高い教育を受けさせてやることが出来、将来的に良い仕事について安定した生活をもたせることも出来ます。

スポンサーリンク

審査に通らないならどうしても借入したい

キャッシング厳選情報本気でお金に困ったら

融資は政府系軽金融機関である日本政策金融公庫か、民間の都市銀行・痴呆技工・信金と大きく分けて2種類があります。公的な金融機関のほうが金利など借り入れの条件がいいのですが、審査が厳しいです。融資されたお金は、子供の教育以外に使うことはできません。ただ、その「教育」というのはどこまでの範囲なのかで、融資を行う金融機関で判断が分かれます。入学金や学費など学校に支払う費用だけに限定していることもあれば、自宅から離れた学校に通うため一人暮らしをするための家賃や予備校・参考書の費用なども認めることもあります。

教育ローンのメリットはどんなところ?

教育ローンのメリットは、使用用途が限定されている目的別ローンということもあって、金融機関から低金利で融資を受けることが出来る点です。金利が低いければ返済の負担も軽くなり、完済しやすくなります。一般的な融資は収入が低いと返済能力がないと断られてしまいます。そこが教育ローンでは高収入であることに上限がありますが、低収入であることに対しては下限がありません。もちろん、全く収入がないといった状況では、流石に審査に通ることは難しいです。

そして子供の生活を守ることが出来るというのも大きなメリットです。親の収入によって子供の将来が決まる、というのは格差を論じるときによく言われることです。でも融資を受けることが出来れば、より高いレベルの教育を子供に受けさせてやることが出来ます。学校を卒業して就職をした後も返済の負担を負うのは親です。奨学金を利用すると、その返済を新人の少ない給料でやっていかなければいけなくなり自己破産をしてしまうことが社会問題になっていますが、その心配はありません。

教育ローンのデメリットはどんなところ?

教育ローンはいくら低金利で融資を受けることが出来るとは言え、返済時には利息も含めて返さなければいけません。長期的に見てみると総返済額は実際に掛かった教育費よりもかなり高くなります。子供を学校で学ばせるというのは、いきなり決まるものではなく子供ができたときから想定できることです。もし早めに教育費を貯金出来ていれば、その利息分は支払わずに済んだはずです。それから低収入でも申し込めるところが魅力ですが、審査が必要です。

公的な金融機関に申し込むのであれば、更に厳しい審査に通らなければいけません。審査で問われるのは収入や過去の借り入れで金融事故を起こしていないのかといった経歴です。たとえ仕方なくやってしまったクレジットカードや住宅ローンの滞納でも審査落ちの理由になりえます。ある程度は返済能力があると判断される収入と過去の行動に問題がないことが求められます。子供に親の収入と関係なく教育の機会を得ることが出来るローンですが、最終的には親の収入が深く関係しているのです。

教育ローンを賢く利用する

教育ローンは資金が足りない時でも、子供に教育を受けさせることが出来る便利なものです。でも目的がいくら素晴らしくても、借金であることは変わりませんから賢く利用したいならば、返済負担を減らす努力が必要です。返済負担を減らしたいという時、よく行われるのが繰上返済です。利息というのは借りている期間に応じて増えていくので、早期に返済できればそれだけ利息が減ります。

ただ、ここで注意しなければいけないのは金融機関によって繰上返済をするときの手続きに違いがあることです。繰上返済をするために、手数料がかかることもあれば無料ということもあります。また一部だけか、全額を一気に返済するかで手数料の金額が変わることもあります。金利が高くても繰上返済の手数料が無料であれば、余裕がある時に少し多めに返済していき利息を返済していくことで、総返済額を抑えられる可能性もあるので慎重に金融機関を選ぶことが必要です。長期的なシミュレーションをしたいのであれば、ファイナンシャルプランナーなど専門家の知恵を借りると良いでしょう。

まとめ

教育ローンは子供の教育のためだけに使うことが出来る個人向けローンのことです。公的な金融機関あるいは民間の金融機関で申し込むことが出来ます。用途が限られているので金利は低く設定されており返済がしやすくなっています。子供が返済をしていく奨学金と違って、親が借り入れて返済していくので就職したての子供が返済負担で苦しむことはありません。しかし、早めに教育資金の用意をした場合を考えると、利息の負担が増えることになり必ずしもお得とはいえません。

また審査で親の収入や借り入れ履歴などが問われるので審査落ちすることもあります。そんな教育ローンを賢く利用したいのであれば、余裕がある時に繰上返済をして、利息を少しでも減らしていくことです。その際、金融機関によって手数料の設定などが異なります。最初の金融機関選びをするときには、金利が何%かというだけでなく、繰上返済をしたときにはどれくらいの利息を減らすことが出来るのか、手数料は毎回いくら必要なのかということも考慮する必要があります。

スポンサーリンク

審査に通らないならどうしても借入したい

キャッシング厳選情報本気でお金に困ったら