キャッシングやカードローンで作った借金は本人が死んだらどうなる?

キャッシングやカードローンで作った借金は本人が死んだらどうなる?

借金は本人が死んでもなくならない

カードローンやキャッシングなどの借金は本人が死んでしまったとしてもなくなることはありません。借金をしている人が亡くなった場合にはその遺族に借金が受け継がれます。借金も相続されてしまうので、例えば借金をしている親が亡くなった場合には子供にその借金が相続されてしまうのです。子供は親の借金を相続しないように相続拒否することもできますが、指定された期限内に家庭裁判所に申し出ない限りは意志があるとみなされてしまい、本人に受け継がれてしまいます。

スポンサーリンク

審査に通らないならどうしても借入したい

キャッシング厳選情報本気でお金に困ったら

このようなことを防ぐためにも故人に借金があるかどうかを確認する必要があるのです。借金があったり多重債務者であることが発覚した場合は速やかに拒否を申し出ましょう。そのほか連帯保証人になっている場合はその保証人に故人の借金を支払う義務が発生するのです。連帯保証人の制度は本人が死んでしまった場合には保証人に引き継がれてしまうのです。このようなことを避けるためには連帯保証人にならないように気をつけることが重要です。

借金は相続される

日本の法律ではキャッシングやカードローンなどによって発生した借金はその遺族に相続される仕組みになっています。例えば親が亡くなった場合には、その子供に借金の返済義務が自動的に相続されてしまうのです。ただし未成年の場合は代理人や保護者を用意して同意を得る必要があります。手続きを行わないままだと返済義務が相続されてしまうので、まずは死んでしまった本人に借金があるかどうかを確認しなければなりません。

通常の遺産と同様に亡くなった本人が作った借金も受け継がれてしまうことになるので注意する必要があるのです。借金やローンなどの負債を相続したくない場合は借金の相続拒否を申請することが重要になります。拒否の手続きは最寄りの家庭裁判所を利用することで申請可能なのですが、予め決められている期限のうちに申請しなければ無効とされてしまうのです。そのため、死んでしまった本人の借金について全て調べておくことが重要になるのです。

相続したくない場合は相続放棄も可能

キャッシングなどの借金の相続を行いたくない場合は、相続放棄を活用することで借金の返済義務から逃れることをおすすめします。ただし、指定された期限内に家庭裁判所を経由して相続放棄を認められない限りは自動的に支払い義務を相続することになるのです。さらに亡くなった本人が残した通常の遺産についても相続不可能になってしまう点には注意しましょう。プラスの遺産が大きい場合はそれらを売却することにより借金を返済することができることもあるので事前に亡くなった本人の資産をすべて調べておくことが重要になるのです。

単純に相続放棄を行ってしまうと、故人が保有していた家や土地、金融資産に至るまですべてのプラスの資産も失うことになりかねないので安易な考えで相続放棄を行うことはやめたほうが無難です。相続放棄は不可逆的であり、一度申請してしまうと取り消しすることができないので事前に本人の資産をすべて把握した上で家庭裁判所に申請することをおすすめします。

住宅ローンの場合は事情が異なる

住宅ローンの場合は以上のものとは事情が異なる点に注意しましょう。住宅ローンの場合は通常の借金とは異なっており団体信用生命保険によって借金をカバーすることができるのです。そのためその保険を活用することにより住宅ローンを全額返済することができます。この団体信用生命保険は住宅ローンを組む際に殆どの住宅ローンを利用できる金融機関で自動的に組むようになっていることが多くあり、本人が亡くなったとしてもその保険を活用することで返済できるようになっています。保険によって返済できることから住宅ローンの相続放棄を行う必要は無い場合が多いのです。

誤って住宅ローンの相続放棄を行った場合は持ち家をなくしてしまう可能性があります。さらに、団体信用生命保険に加入していない可能性も否定できないので事前に確実に調べておくことが重要です。保険に加入していない場合は借金の支払い義務が相続されてしまうので返済を行わなければならないのです。

まとめ

借金は死んでしまった本人が持っていた場合はその遺族に相続されるようになっているのです。借金の相続を拒否するためには事前に家庭裁判所に申請する必要がありますが、期限があるのでその期限を順守して利用する必要があります。さらに相続を拒否すると借金だけでなく資産もすべて拒否したとみなされ持ち家を手放してしまうことになるのです。そのため亡くなった本人の所有している資産をすべて把握した上で相続を拒否するかどうかを熟考する必要があります。

住宅ローンの場合はこれらとは違っており、保険に加入していることがあるので保険を活用することで住宅ローンを返済することもできます。以上の理由から必ず借金があるからと言って拒否を行う必要はないことを知る必要があるのです。キャッシングやカードローンなどの借金は遺族にはわからないようになっていることが多いですが、それぞれの金融機関に問い合わせをすることにより確認は可能です。

スポンサーリンク

審査に通らないならどうしても借入したい

キャッシング厳選情報本気でお金に困ったら