リフォームローンの特徴を確認して賢く利用しよう

リフォームローンの特徴を確認して賢く利用しよう

リフォームローンとは

近年は、住宅を建築するよりも今ある住宅をリフォームして使うことが推奨されています。なぜこのような流れになっているかといえば、空き家が増えているからと言えるでしょう。新しい住宅は次から次へと建築されますが、古い住宅はだれも住まなくなりそのまま空き家になっているケースが少なくありません。空き家になるとどのような問題が発生するかといえば、まず誰も管理していないため放火などの可能性があります。

スポンサーリンク

どうしても借入したい審査に通らないなら

本気でお金に困ったらキャッシング厳選情報

また、浮浪者などがすみついたりするケースもありまわりの住人からすれば迷惑な話しです。さらには、住宅の管理がされていないため大きな地震が発生した場合、倒壊しやすく隣の家にまで影響を及ぼしてしまうこともあるでしょう。このような場合には、新しく住宅を建築するよりも古い住宅をリフォームした方がよいとされているわけです。とはいえ、リフォームする場合にもそれなりの大きなお金がかかることになるわけですが、この時利用しやすいのはリフォームローンになります。

リフォームローンのメリットはどんなところ?

リフォームローンを利用する場合、一体どのようなメリットがあるかですが比較的限りやすいのが大きな特徴になっています。国はリフォームを推奨する以上は、借りにくい商品を設定しても意味がありません。ごく一部の人が利用するだけでほかの人が利用できないとすればそもそも推奨している意味がないからです。次に考えられるメリットは、金利が比較的低いことです。住宅ローンと大して変わらず住宅ローンを今まで支払ってきた人ならば受け入れ易いと言えるでしょう。

それ以外にも、審査が通りやすいといったメリットがあります。例えば、現在住宅ローンを組んでいる場合でも、あまりにも多く支払いが残っていないかぎりリフォームローンを組むことができるパターンがあります。このように考えるならば、住宅ローンがまだ残って住宅を手放そうかどうか悩んでいる人が減少しより多くの人がリフォームをしやすくなる可能性が高いわけです。結果的に、空き家が減少することになるでしょう。

リフォームローンのデメリットはどんなところ?

では、リフォームローンを組む場合にはどのようなデメリットも考えられるでしょうか。せっかくリフォームローンを組むならば、メリットをしているだけでなくデメリットも同時に理解しておく必要があります。具体的なデメリットの一つとしては、利用目的が限定されていることです。これは当たり前といえばあたりまえなのですが住宅のリフォームをする場面でしか利用することができません。もう一つの問題点は、借入額が小さい場面において金利が比較的高めになってしまうことでしょう。

その場合返済期間も短くなることが大きく影響しています。これに対して、長期的に借りる場合はそこまで問題点はありませんが、短期で借り入れよりも若干審査が厳しくなる傾向があるといえます。ただ、金利自体は低く設定されていますので審査にさえ通ってしまえば非常に楽です。このように、いくつかのデメリットもありますので両者をよく比較しながら自分たちにとってよりよいローンを組みましょう。

リフォームローンを賢く利用する

では、リフォームローンを利用する場合にはどのように利用した方が一番賢いと言えるでしょうか。まず、その前にいくつかある種類を見ておく必要があります。一つが無担保ローンと呼ばれるもので住宅を担保に入れるわけではなく借りることができるものです。現在の段階で、住宅ローンで住宅が担保に入っている場合は無担保ローンの方が審査に通りやすいといえます。ただし、この場合には金額としてもそれほどたくさんのお金を貸してくれるわけではありませんので大規模の工事はできない可能性が高いです。

いずれにしても、小規模なリフォームを行うかある程度手元にお金がありそれに加えてローンを組む場合に有効なタイプです。次に有担保ローンと呼ばれるものがあります。これは、多くの人が思い浮かべる住宅ローンと同じような形で住宅は担保に入っているものです。抵当権が設定されている状態ですので、それなりに長期的にそして安い金利で借りることができます。この場合に関しては、審査が若干厳しくなることを理解しておかなければなりません。

まとめ

リフォームローンは、メリットとデメリットがそれぞれありますが、メリットを一言で言えば住宅ローンのように借りやすいことです。特に短期間で借りるものに関しては、審査自体はそれほど厳しくありません。ですが、短期間のものに関して言えば大きなリフォームをすることができないため行える範囲が限定されてしまう可能性が高いです。このように、どちらが得になるかを考えて借りる必要があるでしょう。これに対して、長期間融資を受けるタイプのものは審査が厳しいといった問題点があります。

審査が厳しいためなかなか通りにくいといえますが、住宅自体にそれなりの価値がある有担保ローンを組む場合には通る可能性が高くなるといえます。ただメリットもあり、長期的に借り入れるタイプのものは金利が低く設定されています。そのため大きな金額を借り入れる場合には負担が小さくなるメリットがありますのでこれを十分に利用するのが良いです。それ以外でも、全く担保がないタイプもありますがこれは数百万円借りてしまうようなパターンになるでしょう。

スポンサーリンク

どうしても借入したい審査に通らないなら

本気でお金に困ったらキャッシング厳選情報