在籍確認を避けたい方に安心できる対策はある?

在籍確認を避けたい方に安心できる対策はある?

在籍確認とは

在籍確認と言われて、何のことかイメージできますか。知っているという方もいれば、初めて聞く言葉という方、内容が全くイメージできないという方も多いかもしれません。もっとも、キャッシングやカードローンとはこれまで無縁だった方でも、多くの方は1枚くらいクレジットカードをお持ちかと思います。デパートなどでお得な割引が受けられるからなどと勧められて、クレジットカードの申し込みをした際、職場に電話がかかってきたことはありませんか。

スポンサーリンク

どうしても借入したい審査に通らないなら

本気でお金に困ったらキャッシング厳選情報

また、高価な宝石や時計、着物などを購入してショッピングローンを組んだり、車を買ってカーローンを組んだ際に、やはり職場に電話がかかってきて、生年月日などを尋ねられたり、住所などを言わされたということがあるかもしれません。これが在籍確認というもので、クレジットカードや各種ローンの申し込書に記載した勤務先に本当に勤務しているのか、在籍しているのかを確認する作業を意味しています。

何のためにするの?

では、在籍確認は何のためになされるのでしょうか。カードローンやキャッシングをはじめ、クレジットカードの代金支払いやその他のローンにおいても、返済できる能力があるかはとても重要な審査における判断事項になります。返済能力については年収がいくらあるのかのほか、その収入がどこから支払われているのかが重要なポイントになります。そのため、勤務先や雇用形態も申込時に申告を求められます。年収や勤務先などは自己申告として、変な話ですが架空の年収を書くことや、勤務してもいない一流企業を書くこともできます。審査に通りたい、高額の借り入れをしたい、低金利で借りたいと年収を高く書くことや、大手の勤務先などを書くこともできるわけです。

こうした嘘や誤魔化しをされたりしてはいけないので、実際にその方が申込書に書いた勤務先で働いているのかを担当者が電話をかけて確認することになります。例えば、既に退職していたり、リストラされたり、自己都合退職して無職の状態であるのに退職先の企業名を書いて安定収入があるように装ったとしても、在籍確認を行って既に退職していることが分かれば、審査が通らないことがあるわけです。

在籍確認の方法はどんな風にされるの?

では、在籍確認はどのように行われるのでしょうか。いつ電話がかかってくるのか、自分がお休みしていたり、外出中であったり、トイレなどで離席しているときに電話がかかってきたらどうなるのと不安になるかもしれません。ですが、基本的には本人が電話口に出なくてもよく、職場の他の方が電話に出て、「今日はお休みをいただいております。」とか「ただ今、外出中です。」とか「少し席を外しております。」と答えても在籍確認が取れたことになります。いずれの返答も、その方がそこに在籍していることを前提にした発言だからです。これに対して、「そのような者は当社にはおりません。」とか「既に退職しております。」と返答があれば、在籍していないことが分かります。

在籍確認されると職場の人に借り入れするのを知られてしまう?

なお、借り入れの申し込みをしたというプライバシーに関わる情報がバレないよう、貸金業者の名称や金融機関の名称は通常名乗られることはなく、顧客や知り合いからの電話のように「鈴木」や「佐藤」といった個人名でかけてきますので、職場の他の方が電話で応対しても、借り入れをしたことがバレないよう配慮されています。むしろ、ご本人が出た場合には、申し込ありがとうございますなど業者名が名乗られることがあるほか、本当に本人であるかの確認のために、生年月日などを電話口で言わされるので、周囲の職場の方にそれを聞かれるとバツが悪いことがあります。

職場の方もなんとなく状況が分かり、クレジットカードやローンなどを申し込んだのかなと気づかれてしまうからです。借り入れをすることを知られたくないということであれば、特典が魅力のクレジットカードを新しく申し込んだとか適当に誤魔化しておけばいいいでしょう。

在籍確認できないと貸し付けが受けられないの?

土日祝日や連休中などに資金ニーズが生じて、すぐに借りたいと申し込みをしたのに、在籍確認ができないと貸し付けが受けられないとすれば困る方もいるでしょう。土日祝日は会社がお休みで電話が一切通じないといった勤務先も少なくないためです。もっとも、その点は配慮されていることも多く、平日の夜間や土日祝日などで勤務先にかけても営業時間外であるといった場合には、営業日に在籍確認をすることを前提に貸し付けに向けた手続きを進めてくれるのが一般的です。

借入希望額が多額である場合や審査において問題があるようなケースを除き、貸し付けを先行させてあとから在籍確認を取り、万が一、確認が取れなかった場合には貸し付けが取り消されてすぐに返済が求められるといった流れになります。また、最近では在籍確認がないキャッシングやカードローンも登場しています。在籍確認を実施しない代わりに、あらかじめ特定の銀行の銀行口座を有して本人確認が取れていることが求められたり、運転免許証など特定の書類提示が求められたり、申込金額が一定金額までに抑えられるなどの条件が付くのが一般的です。

スポンサーリンク

どうしても借入したい審査に通らないなら

本気でお金に困ったらキャッシング厳選情報