借金返済ができない時の対処方法

借金返済ができない時の対処方法

借金返済ができなくて困った

順調に借金返済が出来ていたとしても出費が多くなる時期や突然給料が下がるなど、様々な要因で返済ができなくなる場合があります。特に借金をしている金額が大きくなればなるほど、返済ができなくなる可能性が高まりますので注意が必要です。返済が出来ない状態になると自宅や会社に催促の連絡が来ることになるので、借金をしている事が周囲にバレてしまう可能性も出てきます。家族に秘密にしている場合は、家族間で問題が起きることがありますし、会社にバレてしまうと今後の昇進などにも影響する事が考えられます。

スポンサーリンク

審査に通らないならどうしても借入したい

キャッシング厳選情報本気でお金に困ったら

場合によってはそれが理由で退職を促されることも考えられますので注意が必要です。返済が出来なくて困った状態が続くと精神的にも休まることが無くなり、ストレスが溜まることにも繋がります。常に頭の中がお金の事でいっぱいになるので、仕事も手につかなくなり、ストレスの為に仕事も集中する事ができずにミスが増えてくることにも繋がります。

消費者金融や銀行などの借入先へ連絡する

借金返済ができなくなった場合にまず行うことは借入先にまず連絡をすることです。この連絡は早ければ早いほど良いので、返済できる見通しが立たなくなった場合には出来るだけ早く連絡をしましょう。日中に連絡をする時間が取れない場合はメールでも良いので、何かしらのアクションを起こすことが大切です。電話だけではなくメール等をしなかった場合には仕事先や自宅に電話が来る事になり、返済に対するリスクが更に高まることになります。

こちらから連絡をすることで、誠意を見せることに繋がるので、相談に乗ってくれる可能性も高くなります。全く何もしなかった場合には信用情報にも傷がつく事になり、デメリットしかありません。信用情報に傷がつくと他の金融機関からの借入もできなくなり、一括返済を迫られる可能性も出てくるので注意が必要です。自分一人で悩むよりもまずは行動を起こす事により、何かしらの解決する手段を見つけることが出来る可能性も高まる事になります。

返済方法の相談をする

借入先に連絡をした後は今の現状を包み隠さずに話をして返済の相談をすることが大切です。現状返済する事のできる金額を伝えることで、担当者の方も返済計画に相談に乗ってくれます。返済の方法を相談する時には自分が返済することのできる金額を必ず言うようにすることが大切です。無理のない計画を組み直す為にも経済状況はきちんと伝える必要があり、信頼関係にも繋がりますので、変に隠してしまうと相談にも乗ってくれなくなりますので注意が必要です。

また返済方法の相談をする際には今後遅れることが無いように最小限の金額で交渉をする事が必要になります。今までの方法では返済が難しいことを伝えて、最低でも金利だけは返済ができるプランに組み直しを行うと同じことが繰り返される可能性も低くなります。その分、返済期間は長くなりますが、遅れることに比べると些細なことになるので、余裕を持って返すことの出来る金額を双方で話し合うことが一番重要です。

債務整理を検討する

相談をしても解決がしない場合は、債務整理を検討する必要があります。債務整理も様々な方法があるので、自己破産だけではなく個人再生なども視野に入れて考える必要があります。どの様な手段を取る場合にも自分一人で結論を出すのではなく、弁護士や司法書士の専門家に相談をすることが大切です。専門家は豊富な知識を持っているので、今の状態を包み隠さずに話をすることで、どの様な債務整理が一番適しているのか判断して頂くことが可能です。専門家の意見になるので、自分で考えた結論よりもより良い解決方法になり、前向きに検討する事ができます。

債務整理を行うと今まで返済していた金利もグレーゾーン金利を超えていた場合には、過払い金として戻ってくる可能性もありますので、借金返済も楽になります。長期間返済を続けていた場合には過払い金の方が多くなり、債務整理を行うことで借金を帳消しにする事が出来る可能性もありますので、よく相談するようにしましょう。

まとめ

借金返済が出来ない場合の対処法を纏めると返済ができなくなった時点で、借入先にまずは連絡をすることです。具体的な行動を起こすことで、会社や家族にもバレずに返済方法を相談する事ができます。相談をする際には自分の財務状況をきちんと伝えて、双方の折り合いがつく手段を検討する様にしましょう。借入先も返済が出来ない状態が続くより、少しでも返済が出来るように相談には必ず乗ってくれます。相談をした結果でも返済を続けるのが困難な場合には債務整理を行うことが大切です。

自分の持っている財産を守るためにも債務整理を行う際には弁護士や司法書士の判断を仰ぐ様にしましょう。安易に自己破産をすると持ち家なども全て無くなってしまうので、財産を守りつつ債務整理をする方法を相談するようにして下さい。今までの取引履歴などを持ち込みして詳細な借金の状態を伝えることで、自分自身にとって、より良い判断をしてもらうことが可能になります。

スポンサーリンク

審査に通らないならどうしても借入したい

キャッシング厳選情報本気でお金に困ったら