銀行カードローンの審査は甘い?それとも厳しい?実際のところをチェック

銀行カードローンの審査は甘い?それとも厳しい?実際のところをチェック

厳しいイメージがある銀行の審査

銀行というと審査が厳しいイメージがありませんか。住宅ローンの審査に10日以上もかかったとか、事業の融資を受けようとしたら断られたなど、ご自身の経験から審査が厳しいと感じている方も多いかもしれません。これに対して、消費者金融などの貸金業者はテレビCMなどもガンガン流していて気軽に貸してくれると思っている方もいることでしょう。確かにかつては銀行は厳しく、消費者金融は審査が緩めという時代がありましたが、今では逆転現象が生じています。

スポンサーリンク

審査に通らないならどうしても借入したい

キャッシング厳選情報本気でお金に困ったら

総量規制の導入が大きな変革に

なぜ、逆転現象が生じたのかというと、2010年に行われた貸金業法の改正の影響がとても大きいです。貸金業法に総量規制という規制が設けられ、貸金業者における借り入れがしにくくなりました。総量規制によれば、貸金業者全体での借入総額が年収の3分の1までに制限されます。これまでは貸金業者それぞれが独自の審査基準で貸し付けができたところ、他の業者の既存借入額に大きく影響を受けることになったうえ、年収の3分の1を超すと貸し付けができなくなってしまいました。ですが、この総量規制はあくまでも貸金業法の規定なので、貸金業者にしか適用されません。銀行は銀行法に基づく金融機関であり、貸金業者ではないので、貸し付けという同種の業務を行っていても総量規制が適用されないのです。つまり、年収の3分の1を超える貸し付けも可能で、銀行独自の審査基準に基づいて貸し付けを行うことができます。

そのため、これまで消費者金融などの貸金業者を利用してきた方や、年収の3分の1を既に借りていてもっと借りたいという方が、どんどん銀行のカードローンへと流れてきました。銀行としてはこのチャンスを見逃すわけにはいきません。どんどん借りたい人が訪れ、利息を払ってくれるわけですから、これまで以上にどんどん貸し付けを行うようになり、カードローンに限っていえば、いつの間にか消費者金融などの貸金業者より借りやすい状態になっていたのです。銀行は株式市場からの資金調達をはじめ、貸金業者と異なり、個人や法人から預けられる預金も貸し付けの資金源とできるので、より低利でより大きな金額を貸せる余裕があることもあり、カードローンの需要増に伴い、どんどん貸しているという状況が生まれています。

借りやすさが問題化してストップがかかる

総量規制が導入された経緯としては、次々に貸金業者から借りて、自分の返済能力を超えて借り過ぎてしまい、返済ができなくなる人や生活が破たんする人、家族関係にまで影響が出る人などが増えてしまったためです。多重債務者の発生を抑制するために年収の一定限度までしか借りられないという総量規制が導入されました。しかし、総量規制が適用されない銀行カードローンが貸金業者では借りられなくなってしまった人の受け皿となってしまったことで、再び返済能力を超えて借りてしまう人が出てきました。貸金業者で年収の3分の1まで借りていても、さらに銀行カードローンでそれ以上の借り入れをすることも可能だからです。

多重債務や高額の債務を抱えて返済に苦しむ人や、生活に支障が出る方が増えてきたのに伴い、金融庁が警鐘を鳴らし、銀行に過度な貸し付けを慎むようお達しを出しました。これに伴い、都市銀行を中心に貸し付けに関して自主規制を設けるなどの方針転換を余儀なくされており、今後は少しずつ審査が厳しい状況へとシフトしていくかもしれません。

審査は実は銀行では行われていない

銀行カードローンを申し込もうと支店の窓口にわざわざ出向いたのに、ATMコーナーを案内され、自動契約機や自動電話窓口の利用を促されたという経験はありませんか。なぜだろうと不思議に思う方も多いことでしょう。消費者金融では店頭で直接対面で申し込み手続きができ、その場で借り入れも可能であったりします。ですが、銀行の場合は支店の窓口では対応しておらず、自動契約機やコールセンター窓口、インターネット窓口が申し込みの基本窓口になっています。これはなぜかというと、多くの銀行が住宅ローンや事業融資のように直接、銀行で審査を行っていないためです。

実は審査業務を保証会社が担っている場合が多く、それが貸金業者関連の企業であることも少なくありません。消費者向けの小口融資の審査ノウハウに長けている貸金業者の保証会社に任せることで、審査スピードを上げ、スムーズな借入環境を整えているといえるでしょう。

平日15時以降も審査してもらえる?

銀行の窓口といえば、平日の午前9時から15時までしか営業しておらず、会社で働いているといった方はなかなか利用できない不便さがあります。もっとも、銀行カードローンについては窓口での直接受付をしていないうえ、審査も保証会社などが行っていることから、平日15時を過ぎても審査が受けられます。自動契約機をはじめ、コールセンター窓口やインターネット申込も、平日の夜間や土日祝日も審査を行っており、最短30分で審査結果が出る仕組みが作られています。審査が厳しく長い時間がかかる銀行ですが、保証会社のノウハウによりスピード審査を実現しています。

スポンサーリンク

審査に通らないならどうしても借入したい

キャッシング厳選情報本気でお金に困ったら