銀行カードローンはどうやって返済するの!?

銀行カードローンはどうやって返済するの!?

主な返済方式

銀行カードローンの返済方式は銀行によっても利用できる選択肢が違います。決められた返済日における返済方式としては銀行口座からの引き落としに限定されるところ、口座引き落としのほかATMを使ってカードによる返済や銀行口座からの振り込みによる返済も選べるところがあります。定期的にくる約定返済日は月に1回や何日おきという形で銀行カードローンの側で日にちを指定しているところと、自由な日を選べるところ、いくつかの日にちのなかから選択できるところがあります。選択できる場合や指定された返済日を基準に選びたいときには、返済がスムーズにできるおう給料日の直後にくるように設定すると返済のための資金ショートが起こらず安心できます。

スポンサーリンク

審査に通らないならどうしても借入したい

キャッシング厳選情報本気でお金に困ったら

一方で、給料日の直前などに設定するとお金が足りずに返済できず、返済遅滞を起こすことや、遅延利息の支払いが必要になってしまうことがあるので注意しましょう。また、ボーナスが支給された際や何らかの臨時収入が入った場合、節約をするなどして余裕資金が出た場合には定期的な約定返済に加えて随時にATM返済や振り込みによる返済もできます。

口座引き落としで安心の定期返済

銀行口座からの引き落としは基本的に銀行カードローンを利用する銀行の口座を指定します。銀行カードローンによっては、口座を保有していることや口座開設をすることを条件に利用できるタイプもあり、その場合には定期返済も口座引き落とししか選べない場合もあります。

一方、口座の開設の有無を問わず、利用できる銀行カードローンでも、その銀行の保有口座を指定しての引き落とし返済ができます。引き落としによる返済のメリットは、返済日の自己管理が基本的に不要で、うっかり返済日を忘れても自動的に返済ができる点です。ただし、残高が不足していると引き落としができず、返済遅延となってしまうので、残高管理はしっかりしておかないといけません。特に生活資金がピンチなどの事情で銀行カードローンを借りているといった方は、返済日に残高が不足しないよう気を付けましょう。

その銀行口座で光熱費や健康保険料や年金保険料などの公共料金や携帯電話料金、クレジットカード代金や各種ローンの返済をしている方はうっかりすると口座残高が不足してしまうことがあるので、返済日間際になったら、返済に足る残高が残っているか確認しましょう。また、銀行カードローンを作成するためだけに銀行口座を開設したような場合で、借入れ専用に使っている場合も残高が不足してしまうケースが多いので気を付けなければいけません。残高不足を起こさないよう、返済の引き落とし口座は給与振込口座と同一にし、給料日の直後に返済日が来るように調整できると安心です。

ATMからの返済

ATMからの返済は約束の返済日までに発行されたカードを使って、ATMを操作して返済をする方式です。毎回決められている定額または、または返済方式に合わせて借入残高に応じて決められる金額をATMから返済します。ATMの機能上、小銭での細かな利息の返済はできず、千円単位などになることが一般的です。気を付けたいのは返済のし忘れです。

返済するお金がないというのは自己管理不足としかいえませんが、お金を用意しているにも関わらず、返済日を忘れて過ぎてしまうことがないよう気を付けましょう。この場合も返済遅延となって、遅延利息の支払いなどが発生することがあります。うっかり忘れた場合でも、返済遅延を繰り返した場合や、遅滞の期間が長くなると、新規のカードローンやキャッシング、その他ローンの新規借入れの審査が通りにくくなるので注意したいところです。

振込返済

振込返済はネットバンキングや銀行ATMを使い、銀行カードローン用に設けられている返済口座に振り込む形で返済するものです。振込手数料が無料の場合や、お持ちの銀行の特典を使って無料にできることもありますが、基本的には振込手数料がかかります。振込手数料が無料にできないケースだと、定期返済の度に毎回コストがかかってしまうのがネックで、1回あたりの振込手数料は少ないように思えても、利息の支払い以上に費用がかさむ虞があります。返済方式を選ぶ際は利息負担だけでなく、利息以外の返済コストも考えて選びましょう。

余裕があるときの返済

月に1回や一定期間ごとと定められた約定返済日以外でも、資金の余裕がある時には随時返済ができます。元金を減らすことで利息負担も抑えられるので、余裕があるなら早目の繰り上げ返済もおすすめです。その際の返済方式は口座引き落としはできないので、ATMでカードを使って返済するか、銀行振込を利用することになります。この際に気を付けたいのはやはり、手数料の点です。

ATM利用の場合、借入れには手数料がかかっても、返済にはかからない場合もありますが、銀行カードローンによって取り扱いが異なるのでよく確認をしておきましょう。ATM利用手数料や振込手数料の金額によっては、あまり頻繁に随時返済をするとかえってコストがかさむ場合もあるので注意が必要です。

スポンサーリンク

審査に通らないならどうしても借入したい

キャッシング厳選情報本気でお金に困ったら