過去に滞納したらキャッシングやカードローンの審査は要注意!

過去に滞納したらキャッシングやカードローンの審査は要注意!

過去の滞納がキャッシングやカードローンの審査に影響するか?

過去の滞納がキャッシングやカードローンの審査に影響するかといえば、残念ながら影響を与えます。もっとも、滞納した時期にもよりますし、まだ滞納中なのか、既に返済して今は問題なく返せているまたは完済しているのかによっても変わります。また、滞納状態を解消して完済し終え、雇用形態が変わった、勤務先や年収にも変化が出て安定した高収入が得られるようになって長いなど、信用状況に大きな変化が出ていれば審査への影響を抑えることはできます。ですが、基本的には過去の滞納も新規でのキャッシングやカードローンの審査に影響を与えますので気を付けなければなりません。

スポンサーリンク

審査に通らないならどうしても借入したい

キャッシング厳選情報本気でお金に困ったら

信用情報登録機関に履歴が残る期間

かなり前の滞納だから問題ないのではとか、言わなければバレないのではとか、別の業者なら知られないだろうと甘く考えていませんか。実はキャッシングやカードローンを提供する業者では、信用情報を共有し合える第三者組織として信用情報登録機関というのを利用しています。新規申込時の審査にあたっては、必ず信用情報登録機関に照会をかけ、現在の他の借入れ状況や返済状況、過去に返済を巡る事故やトラブルなどがないかを確認しています。この点、滞納というのは返済事故に入り、他の業者からの借入れであっても、あなたの個人情報に結びつけられて記録が残されています。

滞納した時から5年を超えない期間で履歴が残りますが、今も滞納中であれば、ずっと履歴が残されます。 また、返済や完済をしたらその事実も記録され、その情報も原則として5年を目安に残されます。 そのため、過去に滞納したことがあっても、無事に返済した場合や、完済して5年を経過していれば、状況が和らぎ、新規のキャッシングやカードローンの審査に通る期待も出てきます。

滞納中はずっと残っている

現在、キャッシングやカードローン、その他のローンにおいて返済ができない状況になって滞納を続けているという場合、お金をどうにか工面したくもなるでしょう。頑張って収入を増やそうとしても、思うように稼げないという方や、生活がキツキツでとても返済に回せないという方などは、滞納を解消する手段としてキャッシングやカードローンでお金を借りて、とりあえず、既存債務の滞納状態を解消したいと考える方もあるでしょう。

もっとも、滞納を解消したいと借りたお金で返済しようと考え、新たなキャッシングやカードローンを利用しようと申し込みをしたとしても、そうは問屋が卸しません。先にも触れたように信用情報登録機関では滞納が続いている限り、その履歴が残され続けています。そのため、滞納をするような人に新規で貸す業者はほぼなく、返済能力がないと審査に落とされてしまうでしょう。

遅滞してすぐに返済した場合には

滞納というのは何ヶ月も返済が滞っており、何ヶ月分もの返済額と遅延利息なども雪だるま式に増えてしまっている状態を指しますが、1回だけ遅滞したことがあるといった場合はキャッシングやカードローンの審査に影響するでしょうか。1回だけ遅滞してそれを滞納し続けているのではなく、返済が済んでいれば、まだ審査に通る見込みがあります。もちろん、遅滞した金額や遅滞から返済までの期間にもよります。例えば、遅滞が生じてしまう理由としてはお金がなくて遅滞させてしまうケースだけでなく、うっかり銀行口座にお金を入れておくのを忘れたとか、銀行振り込みやATMで返している方が返済日を失念していた場合や、忙しくて行けなかった、インフルエンザにかかってしまいとても返しに行けなかったなど、お金はあったのに返せず遅滞になってしまったということもあるかもしれません。

もちろん、こうした事情や理由を新規申込みの審査にあたって斟酌してもらえることはありません。ただし、遅滞してすぐに返済した場合、その履歴も信用情報登録機関に記録されます。その1回以外は順調に返済しており、遅滞した後もすぐに返済したということは、たまたま返済を忘れたということなのだろう、などと履歴を通じて斟酌してもらえる可能性は残されています。つまり、1回くらいの遅滞ですぐに返済していれば、キズは浅いといえるかもしれません。

遅滞を繰り返している場合

1回だけ遅滞してすぐに返済したなどであればキズは浅いですが、なかには遅滞を繰り返した、しばしば返済が遅れては後日返しているといった方もいるかもしれません。返済日より給料日があとに来てしまい、思うように返せないといった方もいるでしょうが、すぐに返していたとしても遅滞を繰り返しているとやはり心証はよくありません。返済に対してルーズな人、返済能力や家計管理力に問題がある人とイメージされ、新規のキャッシングやカードローンの審査が通らなかったり、希望した金額よりかなり低い金額になってしまったり、高めの金利が設定される可能性もあります。

やはり、借りるからには計画的に借りるだけでなく、返済計画もしっかりと立て、今後入ってくるであろう勤労収入や、将来予定される支出を踏まえて返せなくなるような借入れは控えましょう。

スポンサーリンク

審査に通らないならどうしても借入したい

キャッシング厳選情報本気でお金に困ったら