外国人がキャッシング・カードローンでお金を借りるには

外国人がキャッシング・カードローンでお金を借りるには

外国人の利用条件

外国人といえども、日本に来てお金が必要になることがあります。そのようなときには、消費者金融や銀行などでお金を借りることができるか問題になります。外国人の利用条件は、基本的に一定の制限はあるものの日本人とはそれほど大きな違いはありません。金融機関の立場からすれば、外国人だから返済ができないとするのではなく日本人と違い外国に逃亡してしまう恐れがある可能性が強いですのでその先だけを防ぐことができれば問題ないと考えるわけです。

スポンサーリンク

どうしても借入したい審査に通らないなら

本気でお金に困ったらキャッシング厳選情報

基本的に日本で旅行押しに来た人にお金を貸す事はかなり限られていますが、ほとんどの場合日本に永住している人が対象になるはずです。日本に永住している人ならば、利用条件としては永住許可証を持っていることが必要になり、それ以外は基本的に日本人と同じような条件になると考えるべきです。そもそも、永住している人以外は日本の消費者金融や銀行などを利用するわけがありません。また、日本語がわからないため利用すること自体が不可能になるでしょう。

外国人の必要書類

外国人の必要書類としては、永住許可証と身分証明書になります。また、身分証明書と永住許可証以外には、外国人登録証明書と呼ばれるものもありますのでそれらを用意しておく必要があります。自動車の免許証持っている場合にも外国人登録証明書があれば免許を必要としないこともありますが、業者によっては身分証明書として免許を提示する場合もあり得ます。後は日本人と同じように、これから借りようとしている金額が一定の金額に足してしまった場合には、収入証明書を提出しなければなりません。

収入証明書は、住んでいる市町村の役所で受け取ることができます。受け取るといってもお金を払って発行してもらうことになりますがそれさえあれば他の日本人と同じように借り入れができると考えてよいでしょう。ちなみに、どれぐらいの金額を借りる場合に収入証明書が必要になるかと言えば、一般的には50万円以上とされていますが、金融機関によっては300万円以上の貸付で必要となることがあります。

永住権なしでも借りられる?

外国人の場合、永住権なしでも借りられるかが問題になりますが、実は借りる事は可能になります。ただし、永住する権利がないと言う事は日本に在籍していないのと同じことになりますのでかなり審査が厳しくなると考えて良いでしょう。永住する権利がない場合には外国人登録証用意して最低限の日本語を読み書きできることが重要です。もし日本語の読み書きができなければそもそも審査自体には通りません。日本語の読み書きができなければそもそも契約をするときに必要な書類を作ることすらできないでしょう。

そのような人が日本でお金を借用するとなれば、確実に返済してもらえる保証がないため金融機関としても可能な限り融資をしたくないと考えるわけです。永住権を持っておらず審査に通りにくいと考えられる場合には、永住権を取得してからお金を借り入れる方が良いです。永住権を取得するまでは時間がかかるだけでなく一定の条件が必要になるためその点をクリアすることが大事です。

外国人のキャッシング・カードローン利用注意点

外国人のキャッシングやカードローン利用時の注意点としては、まず日本語がしっかり理解できるかが問題になります。日本語を理解するためには、言葉だけならば2年か3年ほどいれば問題ありませんが、文章を読んだり書いたりするのはそう簡単にできるものではありません。特に日本語書くことが非常に難しく時間がかかるためカードローンやキャッシングを利用する上で書類の作成ができない可能性があります。この場合には、代理の人に行ってもらうしか方法がありませんが、可能ならば自分自身で行えるように勉強しておくことが大事です。

特に、お金を借りるときの書類は専門的な用語が出てくるため理解していない可能性もありその点に注意をしなければなりません。金融機関としても、日本語をよく理解していないのにお金を介してしまい、後になってよくわからなかったと言いながらお金を返してくれないことも考えられます。やはり、日本人とは違いますので日本の考え方が通じない部分もあるため慎重を期しているわけです。

まとめ

外国人が金融機関でキャッシングやカードローンでお金を借りる場合、日本人とは違った条件として永住権が必要になります。また永住者証明書やパスポート登録証明書等も必要になりますのでそれを用意しておくことが大事です。ただ、例外的に永住権を持っていない段階でキャッシングが全くできないわけでは無い事を知っておくと良いでしょう。もちろんその場合にはかなり条件が厳しくなりますので、絶対に借用することができないわけではありませんが、借用することができる可能性は低くなります。

お金を借り入れる場合には、最低限日本語を理解していることが重要になります。日本語といっても話をするレベルは大抵2年ほど永住すれば日常会話ぐらいは出来るかもしれませんが、書類を作成する場合に日本語を読むことができることと書くことができることの2つの能力が試されます。これらをマスターしていなければそもそも契約書類すら作れない可能性がでてきますので必ずその2つをマスターしておくことが大事です。

スポンサーリンク

どうしても借入したい審査に通らないなら

本気でお金に困ったらキャッシング厳選情報