ATMで簡単に借入、返済が可能なメリット、デメリット

ATMで簡単に借入、返済が可能なメリット、デメリット

キャッシングとカード―ローンの違い

友人の結婚式が立て続けにありご祝儀を用意したいがお金がない、ほしいものがあるが手持ちがないなど、生活をしているとお金に困る場面に意外と出くわします。そんな時、すぐにでもお金を借りることができたらいいのにと思うことも多いでしょう。しかし、消費者金融や銀行の窓口に行って恵融資を申し込むのはなかなか敷居が高く感じます。怖いイメージも正直あります。また、時間もかかりそうですよね。素早く簡単に借入れができたらいいのにと思うのではないでしょうか。キャッシングやカードローンはそういった願いを叶えてくれる借入れの方法になります。キャッシングとはクレジットカードについている機能の1つで限度額までならすぐに借入れができます。多くは一括返済をする人が多い借入れ方法です。リボ払いも可能なのですが、金利が高いためお勧めができません。そのため、少額で一時的にお金が欲しい人に向いています。

スポンサーリンク

審査に通らないならどうしても借入したい

キャッシング厳選情報本気でお金に困ったら

カードローンも同じなのですが、こちらは分割払いをすることが一般的です。キャッシングより金利が安い場合は多く、大きな金額を借りたい時はこちらがおすすめです。このようにキャッシングは少額で一括払いに向いていて、カードローンは高額で分割払いに向いている借入れ方法だと言えます。どちらも審査がありますが、クレジットカードを持っていると簡単に利用ができます。キャッシングカード機能付きクレジットカードを発行する際に審査があるためです。キャッシングもカードローンもATMで簡単に借入れが可能です。

どちらもATMで借入れが可能

キャッシングもカードローンどちらにも入れるのはATMで借入れができます。借入れ方法もとても簡単で、キャッシュカードを入れる要領でキャッシングやカードローン機能が付いたクレジットカードを提携ATMに挿入します。その後、画面上のメニューから「お借入れ」や「ご融資」などといった項目を選び、暗証番号を入力します。それから借りたい金額を入力します。さらに返済方法を入力すれば完了です。あまりに簡単なので最初は驚くことと思います。

窓口に行って対面で何かを聞かれる必要もありませんし、誰かの目を気にする必要もありません。知り合いに見られても手元が見えなければ借入れをしていると思われることもないでしょう。手順通りにするとATMから借入れた金額が出てきます。キャッシングなどは窓口で借入れもできますが、クレジットカードの機能にキャッシング、カードローンがあるのであれば、ATMを使うほうが便利です。

ATMを使うメリット

ATMで簡単に借入れが可能な最大のメリットは簡単で早いということです。対面で銀行や消費者金融の窓口の人と会話をする必要がなく、まるで自分の口座から現金を引き下ろしているような感覚で借入れができます。さらに現在は提携ATMがコンビニに置いてありますので24時間いつでも借入れができます。夜中でも借入れができます。銀行や消費者金融が開く時間を待つ必要がありません。

また、返済に関しても自分の都合ですることができます。もちろん返済日時は決まっていますが、まとまったお金を用意することができたらすぐに完済が可能です。キャッシングもカードローンも金利が高いので一括返済するほうがお得なので、すぐに返済ができるというのもメリットになります。

ATMを使うデメリット

その反面、早くて簡単であるというはデメリットにもなります。あまりに簡単に借入れができてしまうため、借金をしている感覚がなく、ついつい多めに借りてしまう可能性があります。対面式で会話をしながらの借入れなら、ある程度の制御も効くと思うのですが、口座から引き下ろすような感覚のため、借金をしているという気持ちが薄れがちです。もちろん、いくら簡単な借入れ方法とは言っても借金は借金です。返済義務があります。借入れをする際には金利等をきちんと考えて返済計画を立ててから行う必要があります。

しかし、ATMで借入れをすると、自分の返済能力以上の借入れをしてしまいがちです。気が付いたときには手遅れになってしまっていることもあります。ATMからの借入れであっても借金であるということは常に心にとどめておく必要があります。簡単だからといって金利が安いわけでもありませんので、その点はデメリットになるでしょう。

計画性をもって利用しましょう

以上のメリット、デメリットがありますが、すべてを理解したうえで利用すると本当に便利な機能になります。もちろん、借金であり、金利も高い借入れ方法なので利用の際は十分慎重にならなければなりません。しかし、会社によっては10日間は無利子でいくらまでなら貸しますよといったキャンペーンを行っている場合がありますので、借入れを検討するときは調べておくといいでしょう。今は必要を感じなくても、もしものための保険感覚でキャッシングやカードローン機能が付いたクレジットカードを持っておくといいと思います。自分が返せる額だけ利用すれば生活を豊かにする道具になりますよ。

スポンサーリンク

審査に通らないならどうしても借入したい

キャッシング厳選情報本気でお金に困ったら