どうすれば審査に通る?キャッシングやカードローンで審査に通りやすい人の基準とは

どうすれば審査に通る?キャッシングやカードローンで審査に通りやすい人の基準とは

借入れを行う前に必ずある審査

消費者金融や銀行から借入れを行う時、必ず事前に審査を行うことが必須となります。審査は銀行と比較すると消費者金融の方が通りやすいと言われていますが、だからと言って借入れを希望する全ての人にお金を貸すわけではありません。審査に申し込んでもなかなか通過出来ず、審査落ちを繰り返しているという人は何かしら問題があると言っても過言ではなく、まず自分にどのような問題があって通らないのかを知る必要があります。

スポンサーリンク

審査に通らないならどうしても借入したい

キャッシング厳選情報本気でお金に困ったら

これから借りる予定の人は自分が審査に通るかどうかが不安で、出来れば審査が極端に甘いところや無いところが良いと考えるかもしれません。しかし、審査が激甘や無しと謳うところは闇金である可能性が高いため、一度借りてしまうと犯罪に巻き込まれる可能性があるのでお勧め出来ません。普通に審査を行うところであっても、審査で何を見られるかを知っておけば臆する必要は無くなります。

消費者金融や銀行は審査で何を見ている?

まず、審査で何を見られているかということを知っておくことで審査に通りやすい人を探ることが出来ます。審査では属性と信用情報の2つを見て、その人にお金を貸しても平気かどうかを判断しています。属性とは氏名や生年月日、住所といった基本情報から家族の情報、勤め先や勤続年数、年収など個人情報を幅広く聞かれます。信用情報とはクレジットカードやローンなどの利用履歴のことであり、携帯電話や家電製品の分割購入の履歴も信用情報に含まれています。

この2つで最も重視されるのは信用情報であり、消費者金融も銀行も属性以上に注目するため信用情報はクリーンであることが望ましいです。過去に借金した経験が無くても携帯電話の料金の支払延滞を繰り返した場合や長く滞納をすると、これも信用情報に記録されるので信用情報を傷付ける要因になってしまいます。借金の経験も無くクレジットカードもほとんど使わない場合でも、お金の支払いにルーズだと思わぬところで信用情報を傷付けることがあるので注意が必要です。

属性は何を重視している?

信用情報よりも重視されないとはいえ、だからと言って疎かにして良い項目ではないので注意しなくてはなりません。属性で最も重視されるのは勤め先や年収、立場、職歴など仕事に関わる部分です。消費者金融には貸金業法で定められた総量規制があり、これは年収の3分の1までの融資しかしてはならないとするものです。銀行の貸金業は貸金業法が基準ではないので総量規制の規定は無いのですが、総量規制に倣って限度額を定めているケースが多いです。年収は限度額を定めるのに重要な要素になるために見られています。

また、返済能力を見るためにその企業の規模がどの程度のものなのか、正社員など安定して収入が得られる立場なのか、勤めてどれくらいになるのかといった情報も重視されます。お金を貸した以上は確実に返してもらわなくてはなりませんから、出来る限り安定した返済が出来る立場の人を優遇します。このため公務員で正社員という立場は安定性が高いので融資を受けやすく、中小企業のアルバイトやパートという立場が最も不利と言えます。ですが、この辺りは若干の有意差で中小企業のアルバイトやパートだから借りられないというわけではないので、気にする必要は無いでしょう。その他の情報も不備があれば信頼を欠く要因になりますし、確実に借りたいからと嘘の申告をすると審査落ちをしてしまいます。自信が無くても正直に申告出来る人が審査に通りやすいと言っても過言ではありません。

信用情報では何を重視している?

信頼情報では過去の借入れやクレジットカードの利用などが見られます。最も審査に通りやすいのはクレジットカードの利用履歴があり、キャッシングやカードローンを使った経験が無い人です。借入れやクレジットカードの利用などは信用情報機関に登録される情報なのですが、一度記録された永続的に残るわけではなく一定の期間が過ぎれば抹消される情報でもあります。借入れやクレジットカードの利用履歴が無いというのは、何か過去に金融トラブルを起こして情報が消えるまで待っていたのかどうかの区別がつかないため警戒されることがあります。単純にクレジットカードを持っておらず、使う機会もないといった場合でも区別が出来ないために敬遠されることがあるため、程々にクレジットカードを使っていると信頼に足ると判断されやすいのです。

また、過去に借入れをしたことで審査に落ちることはなく、借入れの経験があってもきちんと完済をしている人は逆に信頼されて審査に通りやすくなります。逆に現在返済中で滞納や遅延が度々見られた場合や、複数から貸し付けを受けている場合が審査に落ちやすいです。複数の消費者金融から貸し付けを受けているというのは高額の貸し付けが出来ないから様々なところから借りていると判断されます。限度額が少額しか許可されないというのは信用に欠けるという意味でもあり、返済能力に疑問があるため万一払えなくても支障がない程度にしか貸しません。様々なところで審査を受けている人も要注意扱いされてしまいますので、闇雲に審査に申し込むのは止めておきましょう。

審査に通りにくい場合は確認をしてみよう

嘘偽り無く申請をし、かつ書類にも不備が無く、そして信頼情報にも特に問題がない人が審査に通りやすいです。属性や書類に不備がある場合は大体消費者金融や銀行から連絡が来ますので、間違いがあったことが分かります。ただ、信頼情報については問題があってもその内容を明かすことはないので問題に気付け無いことが往々にしてあります。信用情報機関に手数料を払うことによって情報を確認することが出来ますので、審査に通らない場合は見てみると良いかもしれません。

もし問題があった場合は大手の消費者金融や銀行ではなく、審査が甘めな中小企業の消費者金融に申し込んでみると通る可能性があります。今の自分の状況を確かめたうえで何処に申し込んでみるかを考えてみると、審査は通りやすくなるでしょう。

スポンサーリンク

審査に通らないならどうしても借入したい

キャッシング厳選情報本気でお金に困ったら