借入れ前にチェックしておきたい借入シミュレーションの特徴

借入れ前にチェックしておきたい借入シミュレーションの特徴

会社ごとに異なる返済方式のシミュレーションで分かること

カードローンやキャッシングはその業者や商品によって返済方式が異なるので、適用金利が同じで借入れ希望額が同じだから毎月の返済額や総利息返済額が同じだと決めつけずに、借入シミュレーションを行い、毎月の返済額がいくらになるかや、最初に全額を借りたとして総利息がいくらになるかを確認して、どちらがお得なのかを比較してみるのがおすすめです。もっとも、実際の返済額や利息総額は利用限度額を定めて自由に借入れや返済ができるタイプのカードローンやキャッシングでは、シミュレーション通りには進みません。というのは、その方がどのように借入れを行い、どのくらい返済していくのかによって変動する可能性があるからです。

スポンサーリンク

審査に通らないならどうしても借入したい

キャッシング厳選情報本気でお金に困ったら

この点、毎月一定額の返済と決められており、残高を問わず定額であれば返済額は変わりませんが、利息総額はどれだけ借入れを繰り返すかで先の予想はつきにくくなります。一方、毎月の残高に応じて返済額が決まるタイプの場合には、実際の借入残高に応じて変動するため、借入シミュレーションはあくまでも目安や、返済方式を理解するためのツールとなってきます。

最初の借入シミュレーションで明確にできるケース

一部の中小の消費者金融では、利用限度額を定めるカードローンタイプではなく、希望金額を一括で貸し出すスタイルを採用しているところもあります。この場合は最初に借入額と返済期間または返済額が決まるので、シミュレーションによって毎月いくら払うのかや返済期間がどのくらいになるのか、返済総額や利息額がいくらになるのかを事前に確認ができます。

また、借り換えローンやおまとめローンタイプのキャッシングや、貸金業法に基づく返済支援ローンで返済のみを目的に借り、ひたすら返済のみをしていくタイプの場合にも、最初に借入額と金利、返済期間が決まるので、シミュレーションにより、毎月の返済額と利息総額が分かりやすく、利用するかを決めるための重要な判断材料となります。

特に借金の返済をするための利用や、返済額を軽減したい、利息返済総額を軽減したいという目的で新規の借入れを検討している方は、シミュレーションをしっかりと行い、ご自身の目的が達成できるのかをよく確認してから申し込みをしましょう。借り換えや貸金業法に基づく返済支援ローンの利用の際は、ご自身でのシミュレーションだけでなく、業者の担当者に正確なシミュレーションをしてもらうことも大切です。

毎月の返済額を確認

一般的なカードローンやキャッシングの場合は、実際の返済額や利息は実際に利用してみないと分からないわけですが、シミュレーションはどんなふうに返していくのかといった目安を理解するために有効です。たとえば、毎月の返済額がいくらになるのかを確認できる借入シミュレーションでは、借入希望額と返済したい期間を入力し、あらかじめ業者側で設定する利率またはご自身で希望する利率などを設定することで、自動的に毎月の返済額をシミュレーションしてくれます。この毎月の返済額はあくまで、一度借りたらそれ以上は借りない前提か、最初に利用限度額いっぱいを借りて、その後は返済して利用限度額が復活しても新たな借入れをしない前提でのシミュレーションとなりますので、その点も理解して利用しましょう。

返済期間を確認

希望する借入金額が決まっていて、また毎月返済できそうな金額や返済を希望する金額が決まっている場合に利用したいのが、返済期間を算出するシミュレーションです。借入希望額を毎月指定の金額で返済したとした場合、どのくらいの月数で返済する必要があるかが分かります。これによって、あまりにも返済期間が長くなり、利息もかさむようであれば、借入金額を少し抑えることを検討するか、毎月の返済額をもう少し頑張って増やすかを検討することになるでしょう。たとえば、携帯電話の料金をもう少し抑えて返済額を増やすことができないかを考えることや、もう少しアルバイトに入る時間を増やすことで借入額を抑えることはできないかなどを考えてみましょう。

返済総額を確認

希望する借入額を業者が提供している毎月の最低返済額や一定額で返済していった場合に、どのくらいの月数、返済し続けなければいけないのかや、どのくらいの元利金を返済する必要があるのかを確認できるシミュレーションツールもあります。返済は毎月一定額だけでいい、いくら借りても毎月5千円だけの返済でいいといった返済方法は一見魅力的に感じます。

ですが、それに直ぐに飛びついて借入れの申込をするのではなく、事前に借入シミュレーションで、希望する金額をその方式で返済していった場合にどのくらいの利息を払うことになるのかを確認しましょう。当初の借入れた金額に対して、返済総額があまりにも大きくなり、こんなに利息が膨らむのかと驚かれる方もいることでしょう。この仕組みが分かれば、借入れ当初はお金もあまりなく、資金に困って借入れているので少しずつ返済をしていくものの、ボーナスが出た時や、少しずつ節約して大目に返済することが大切だと理解ができるはずです。

スポンサーリンク

審査に通らないならどうしても借入したい

キャッシング厳選情報本気でお金に困ったら