カードローンやキャッシングの審査に落ちたら諦めるしかないのか

カードローンやキャッシングの審査に落ちたら諦めるしかないのか

原因を考えよう

銀行カードローンや消費者金融やクレジットカード会社などのキャッシングに申し込んだのに、審査で落ちたという場合、原因はどこにあったのか少し考えてみましょう。この点、なぜ落ちたのかという理由は開示して貰えないので、自分で検討するしかありません。例えば、年収や雇用形態に対して希望額が大きすぎたり、年収が低いのに返済能力が高い人でないと審査が通りにくい低金利のカードローンに申し込んでいたりしませんか。一般的に返済能力が高い人ほど低い金利が適用され、返済能力が低いと判断される人ほど高い金利が適用されるので、自分に合った商品を選択していないと審査に落ちてしまう可能性があります。

スポンサーリンク

どうしても借入したい審査に通らないなら

本気でお金に困ったらキャッシング厳選情報

返済能力の判断は年収をはじめ、雇用形態や勤続年数、資産額や他の借入額、家族構成や扶養親族の数、居住する住宅の形態などから総合的に判断されます。アルバイトやパート、派遣社員や自営業者はリストラや失職、事業が上手くいかなくなる可能性もあり収入が不安定と判断されます。一方で、正社員であれば安定した継続収入が得られることが見込まれ、返済能力は高いと判断され、零細企業より中小企業、それより大企業や公務員であるほど評価が高くなります。勤続年数も判断要素となり、転職したばかりであったりすると審査が通りにくいことがありますので、何に影響されたのか考えてみましょう。

過去に返済トラブルを起こしていませんか

過去にカードローンやキャッシング、その他のローンの返済を遅滞したことがあったり、クレジットカード代金の引き落としが何度もできないことがあったり、自己破産や任意整理、民事再生など債務整理などを経験したことはないでしょうか。こうした返済に関するトラブルは、信用情報登録機関に登録されており、各業者が審査にあたって確認することができるため、審査に落ちる原因となります。

利用していないキャッシング枠やカードローンは解約しておこう

消費者金融やクレジットカード会社などの貸金業者の場合には、総量規制があり、年収の3分の1を超える借り入れはできません。そのため、総量規制に引っ掛かって審査が通らなかった可能性もあります。今現在、借入額はないとか、3分の1まで借りていないのに通らないのはおかしいと思った方も、忘れているカードローンやクレジットカードのキャッシング枠はありませんか。実は実際に借入額があるかで判断されているのではなく、利用枠の有無で判断されています。利用枠を持っているということは、いつでも借り入れができる状態にあるからです。この点、クレジットカードにキャッシング機能が付いているのを忘れている、昔作ったカードローンを債務残高ゼロのまま放置しているというケースがあり得ます。

もし、それを持っているなら、新規の審査は通らなくても、手持ちのカードで借り入れができます。 なお、金利がもっと低いカードローンや、初回30日無利息などの特典を得たいなどの理由で新しくカードを作りたい場合には、手持ちの利用していないカードローンやキャッシング枠を解約して、年収の3分の1を超えないようにしてから、再度チャレンジするようにしましょう。

すぐのアクションは控えよう

1社の審査に落ちて、別のところに申し込んだら審査基準が緩く通ることもあります。一方で、何社受けても落ちてしまうこともあります。一般的には、ここがダメだから次はここと立て続けに申し込みをすることは、審査に落ちる原因になるので避けるのがおすすめです。どうしてもすぐに借りたいという事情はあるかもしれませんが、そこはどうにか頑張って我慢しましょう。なぜ、落ちやすくなるのかというと、審査に通らなかったからと次々に申し込みを繰り返していると、よほどお金に困っていると思われ、返済能力が低いと判断されてしまう虞があるからです。

各金融機関や貸金業者では信用情報登録機関という共通で利用できる機関を通じて、情報を照会し合うことができます。照会することで、いつ、いくらの申し込みをして審査に落ちたといった履歴も確認できてしまうため、あまり短期間の間にいくつもチャレンジするのはあまりおすすめできません。

自分の信用力に合ったカードローンを探そう

審査に再チャレンジするにしても、片っ端から思い当たるところに申し込めばいいというわけではありません。各社のカードローンやキャッシングの融資条件などを確認すると、全て同じではないことが分かるかと思います。貸し付けの限度額や金利の設定が異なり、求める年収の下限や利用できる雇用形態なども異なることがあります。金利の設定も一律で1つだけのところもあれば、一定の幅が設けられ、審査によって実際の適用金利が決定されるケースもあります。

先にも触れたように金利は通常、返済能力が高いと判断された人ほど有利な低金利が適用され、返済能力が低いと判断される人ほど債務不履行のリスクを踏まえて高く設定されます。そのため、一般的に返済能力が低いと判断されるアルバイトの方や年収が低い人、他にも借り入れがある人などが、低金利の魅力的なカードローンに申し込んでも審査に落ちてしまう可能性が高いのです。審査に通りたいなら、ご自身の返済能力に見合ったカードローンやキャッシングを探すことがポイントになります。

スポンサーリンク

どうしても借入したい審査に通らないなら

本気でお金に困ったらキャッシング厳選情報