カードローンと目的別ローンの違いとは

カードローンと目的別ローンの違いとは

目的別ローンとは?カードローンとの違い

銀行が実施しているローンには、大きく分けると目的別ローンとカードローンの2種類があります。どちらもお金を借りるという意味では同じで、実際には様々な違いがあり別物と言って過言ではありません。目的別ローンとは、その名前の通り特定の目的を達成するためにお金を借りられる制度です。そのため借りたお金の使い道はあらかじめ決められており、それ以外の目的で使うことは認められません。

スポンサーリンク

審査に通らないならどうしても借入したい

キャッシング厳選情報本気でお金に困ったら

具体的には住宅ローンで借りたお金は、住宅の購入以外では使えません。一方のカードローンは、基本的に使い道は自由です。生活費に使っても良いですし、ブランド物のバッグを購入したり海外に行く旅費の足しにしても構いません。違いは使い道だけではなく、利息に関わる金利にもあります。一般的にはカードローンより目的別ローンの方が金利は低く、利息の負担は少ないです。最初から使用する目的に一致したローンがあるなら、それに合わせた制度を使ってお金を借りるのがおすすめです。

目的別ローンの種類

一口に目的別ローンと言っても様々な種類があり、代表的なのは住宅ローンです。新築や中古の一戸建てやマンションに土地など、住宅に関する不動産を購入する目的のためのローンです。住宅ローンの特徴は購入する土地や建物が担保となる点で、万が一返済不能になった場合は差し押さえられ財務になります。他に住宅に関係する目的別ローンとしては、増改築やリフォームを対象にしたものもあります。

住宅とともに利用者が多いのは、マイカーの購入目的で利用される自動車ローンです。自動車だけではなくバイクの購入用もあり、また修理代や車検代にも対応しているローンもあります。子どもの高校・大学の入学費用を貸し付けるのが、教育ローンです。金利は他の種類に比べて低く、長期返済がしやすくなっています。他にも目的別ローンには、結婚式や披露宴を対象にしたブライダルローンや歯科治療を対象にしたデンタルローンなど、いくつもの種類を金融機関が取り扱っています。

目的別ローンの長所

お金を借りたいときは、使い道が自由である方が便利だと思いがちです。ですからカードローンを使って自動車の購入費用に充てたり、子どもが入学する学校の入学金にするかもしれません。しかし目的別ローンの一般的な長所は、金利が低めに設定されていることです。具体的にカードローンだと10%以上が相場ですが、目的別ローンなら10%未満になります。同じ金額をカードローンで借りるより利息の負担が少なくなるので、返済時に苦労することがありません。

また利息の負担が軽くなるだけではなく、高額なお金を借りても返済期間を大幅に伸ばすことができるので、毎月の返済額を減らせるメリットもあります。使い道が限定されているからこそ低金利でお金を借りることができるので、もしカードローンを利用するなら、借りたお金の使い道と一致した目的別ローンがないか調べてみましょう。一致した目的別ローンがあるなら、カードローンより負担を減らしながら必要なお金を用意することができます。

目的別ローンの短所

目的別ローンは、使い道が決められているのがデメリットです。別の目的で使うことは一切認められないので、カードローンのような自由度はありません。またカードローンなら即日融資も当たり前ですが、目的別ローンは審査に時間がかかります。数日から数週間かかることは珍しくないので、住宅や自動車の購入でお金を借りる必要があるなら早めに申し込みをしなければいけません。

さらにカードローンは身分証明書さえあればお金を借りられますが、目的別ローンは様々な書類を用意する必要があります。目的別ローンを利用するときに必ず提出するのが、資金使途証明書です。資金使途証明書とは使い道を証明するために使われる書類で、自動車ローンならディーラーの見積書などになります。こうした書類を用意してから申し込みをしなければいけないので、カードローンのように気軽に利用できません。金利が低い代わりに、このようなデメリットが目的別ローンには存在しています。

まとめ

目的別ローンは、カードローンに比べて気軽に利用でないなどのデメリットがあるのは事実です。しかし金利が圧倒的に低い、返済期間を長期化できるというメリットに比べれば、デメリットはそれほど気にする内容ではありません。必要となる資金使途証明書も、目的別ローンを組む前提なら簡単に入手できます。お金を借りるときはつい気軽に利用できる方法を選びがちですが、簡単にできる手段は総じて金利が高いです。

カードローンに比べると有利にお金を借りられるメリットが目的別ローンには満載なので、想定する使い道に適した制度が金融機関に用意されているなら、そちらにまずは申し込みするのがおすすめです。審査自体はカードローンと大きな差はないとされているので、準備さえ整えておけば問題ありません。住宅や自動車の購入、子どもの入学など人生に大きく関わる節目に多額のお金が必要になったら、負担を減らしながら借り入れができるローンを活用しましょう。

スポンサーリンク

審査に通らないならどうしても借入したい

キャッシング厳選情報本気でお金に困ったら