消費者金融や信販会社が加盟する日本貸金業協会

消費者金融や信販会社が加盟する日本貸金業協会

日本貸金業協会とは

日本貸金業協会とは貸金業を運営している消費者金融業者やクレジットカード会社、信販会社、リース会社などが加盟する業界団体かつ自主規制機関です。従来は各都道府県に1つの貸金業協会が設置されていましたが、2017年12月に施行された改正貸金業法を期に日本全国で統一が行われました。新法に基づいて内閣総理大臣の認可を受けて設立された認可法人となり、指導、監督、監査権限の強化や監督に従わなかった場合の罰則が強化され、協会員の資格剥奪をはじめ3000万円以下の過怠金、特に悪質な場合は1億円と厳しいものとなりました。

スポンサーリンク

審査に通らないならどうしても借入したい

キャッシング厳選情報本気でお金に困ったら

日本貸金業協会の主な活動内容は貸金業者向けの社内規定用のガイドラインの提示など貸金業法よりも独自の厳しい基準で指導を行い業界の健全化に務めているのをはじめ、金融庁からの指定により平成22年10月から金融トラブルに関する問題解決を迅速に行うために裁判外紛争解決手続き制度、金融ADR制度が開始されました。

公式サイトにはキャッシングやカードローンの役立つ情報を掲載

日本資金業協会の公式サイトには、キャッシングやカードローンの役立つ情報が満載です。トップページのメニューの「貸金業者のみなさまへ」をクリックしてから「定期刊行物」の「パンフレットPDF」をクリックすればさまざまな冊子を資料請求できるだけではなく、一部はPDFファイルが無料で提供されています。「ローン・キャッシングQ&A BOOK」は、貸金業に関するトラブルを未然に防ぐための一般消費者向けガイドブックで、サービスを利用するにあたりぜひ知っておきたい知識を得ることができます。

また「貸金業相談・紛争解決センターリーフレット」では、万が一借り入れや返済に関するトラブルに見舞われた際にはどこに相談するのが良いのか、どのようなプロセスを経て問題を解決できるのかなど、普段はなかなか聞くことができない情報が掲載されています。これらは主に業界向けのものではありますが、一般ユーザーが読んでも多くの学びができる分かりやすい内容となっています。

借入や返済の相談ができる

公式サイトのメニューにある「一般のみなさまへ」をクリックすれば貸金業に関する問題を相談できるさまざまな窓口が紹介されています。相談窓口の業務では金融ADR指定紛争解決機関の窓口を開設し、電話やFAX、ハガキなどで相談を受け付けているほか、苦情処理の事例では終結事案が掲載されており、自身の事例と照らし合わせながら解決の糸口を探ることができます。

生活再生支援カウンセリングでは、カードローンやキャッシングなどで債務を負ってしまった方が、債務の返済に加えてそこまでに至った原因を究明して再発防止も含めた完全な解決を目指します。家計管理診断、借入余裕診断、返済シミュレーションでは、入力フォームに必要事項を入力するだけで簡単に診断を行うことができ、自身の置かれている状況を把握することができます。また、専門知識をもった講師を派遣して消費者啓発を実施する出前講座や講師派遣制度の申し込みもこちらから行うことができます。

ヤミ金などの悪質業者の検索ができる

公式サイトのメニューの「一般のみなさまへ」をクリックしてから画面下方へスクロールさせたところにある「悪質業者(ヤミ金)の検索」から業者をリストアップし正規の貸金業者であるか否かを確認することができます。クイック検索で業者名や電話番号、住所、FAX番号の全てまたはいずれかの一部でも良いので入力してから「検索」を押せば日本貸金業協会のデータベースに登録されている業者の中から、実在する業者やその関連会社を装ったり無登録で貸金業番号の詐称、悪質な勧誘などが判明した悪質な業者を探すことができます。

同時に該当する業者に対しては借り入れや申し込み、相手への連絡などを一切しないでくださいとアナウンスされています。また、「登録貸金業者情報検索サービス」をクリックすれば金融庁のホームページに移動し、こちらでは正規に登録している業者を検索することができますが、逆に調べたい業者を検索しても何も見つけられなかった場合にはその業者は未登録の業者であることを確認できます。

まとめ

消費者金融や信販会社などの日本貸金業協会に加盟している業者が展開しているサービスは自身が毎月しっかりと返済できる範囲を見極めて賢く利用すれば大変便利なサービスですが、その一方で計画的に利用しなければ債務を負ってしまったり、万が一悪質な事業者による被害に遭遇すれば大きな痛手を負ってしまうリスクも伴っています。そんな中で、日本貸金業協会では業界の健全化や透明化を目指しているのはもちろんのこと、一般消費者に向けての啓蒙活動を積極的に行っており、公式ホームページを利用して正しい知識を身につけてからサービスを利用したいものです。

「悪質業者の検索」では過去に不正があった事業者を検索することができ、融資を受けたりする前に確認すれば危険を回避することができます。また、万が一多重債務を負ったり悪質業者に関わってしまったとしても諦める必要は無く、専門の相談員に無料で相談できる窓口や指定紛争解決機関の金融ADRを利用するなど解決できる手段も用意されており、最後のセーフティーネットとして覚えておきたいところです。

スポンサーリンク

審査に通らないならどうしても借入したい

キャッシング厳選情報本気でお金に困ったら