利用限度額の範囲なら何度でも借りられるってどういうこと?

利用限度額の範囲なら何度でも借りられるってどういうこと?

利用限度額って何?

キャッシングやカードローンでは希望した借入額をもとに、審査によって利用限度額が設定されます。フリーローンや目的別ローンなどではいくら借りたいかを申請して審査し、その金額の範囲内で最初から一定の金額が貸し付けられます。例えば、フリーローンで30万円を希望して審査が通れば、30万円が丸々貸し付けられ、30万円に対して日々利息が付き、返済をしていく形になります。これに対して、キャッシングやカードローンで利用限度額が30万円とされた場合、契約完了とともに30万円が振り込まれることや、貸し付けられるわけではありません。

スポンサーリンク

審査に通らないならどうしても借入したい

キャッシング厳選情報本気でお金に困ったら

30万円の範囲内で必要に応じて、借りたい時に借りたい金額だけ借りることができます。利息も30万円全体に対して最初からかかるのではなく、借りた分について借りた時から日割りで計算されます。もっとも、一度に借りられる最低単位は決められており、千円以上千円単位や一万円以上一万円単位または千円単位といった形です。細かい単位で借りられないのは、キャッシングやカードローンの利用の多くがATMを利用するため、小銭対応がされてないATMも多いことも念頭に置かれています。

必要に応じて必要なだけ借りられる

キャッシングやカードローンでは設定された利用限度額の範囲内であれば、いつでも何度でも好きな時に借入れができます。例えば、30万円の利用限度額がある場合に給料日前に飲み代として1万円借りる、結婚式に出席するためご祝儀代として3万円借りる、旅行代金として10万円借りるなど、必要に応じて決められた借入単位に基づき借りることができます。利息についても、借入れの都度、借りた分だけに対して付いていきますので、最初から丸々30万円借りるよりは利息が分散されます。

ただし、業者によっては一定の提携のATMなどを使う場合を除き、ATMで借入れをするたびに、ATM利用手数料が発生することがあるので、頻繁に借りるより、ある程度まとめて借りたほうが、利用手数料を抑えることができます。借入額と利率によっては日々の利息よりも、利用手数料のほうが高くなってしまうこともあるので、借入れの際はざっと計算してから借りると、よりお得に低コストで借入れができます。

めいいっぱい借りても返済すれば復活する

では、必要があって審査が完了したとたと同時に利用限度額いっぱいを借りた場合や、少しずつ借りていった結果、利用限度額いっぱいに借りた場合はどうなるのでしょうか。例えば、利用限度額30万円で最初から30万円を借りたら、それで契約は終わってしまうのか、少しずつ借りて30万円に達したらどうなるのでしょうか。利用限度額に達すれば、もはや借入枠がなくなるので、あとはひたすら返済していくだけの関係になりそうです。

その後は返済していく必要があるのは確かですが、元金を返済すれば、その分、また利用限度額が復活する点が、フリーローンなどの一括貸付型の他のローンとは異なります。利用限度額いっぱいに30万円借りた方が、ボーナスが入ったので元利金を返済して元金にも10万円充当されたという場合、また10万円借りられるようになります。つまり、利用限度額いっぱいに借りても契約終了になるのではなく、返済してまた借りてという繰り返しができるのがユニークなところです。

返済することによってトータルでは利用限度額以上に借りられる

もし、フリーローンを使って30万円を借りた方が、また新たに30万円借りたくなった場合には改めて新規で申し込みをし、審査を受けてイチから手続きをし直さなければなりません。既に完済していれば審査もすぐに通るかもしれませんが、まだ返済の途中であった場合には、新規の借入れが難しくなるケースもあることでしょう。これに対して、キャッシングやカードローンの場合、利用限度額の範囲であれば、何度でも借りられ、返済すればまた利用枠が復活します。復活する限りでは新たな審査も不要で、何度でも気軽に借りられます。

30万円借りて30万円完済して、また30万円借りてということができ、利用限度額が30万円であったとしても、トータルでは60万円でも90万円でも借りられることになります。利用限度額の範囲内で使っている限りは途中で審査を求められることはありません。ただし、利用限度額自体の引き上げを希望する場合には、審査が必要になります。

クレジットカードの仕組みに似ている

キャッシングやカードローンの利用が初めての方は利用限度額の仕組みについて、理解がしにくいかもしれませんが、実際に使っていくと便利な仕組みに手放せなくなるという方も少なくありません。借入れは初めてという方も、クレジットカードをお持ちの方は多いかと思いますが、仕組みはクレジットカードに似ています。クレジットカードには買い物やサービスなどの利用時に決済ができるクレジット枠が設定されます。

審査によって、その方ごとに決められますが、例えば、30万円の利用枠の方が使い過ぎてしまい、30万円を超えて決済をしようとすればエラーが出て使えません。ですが、翌月の代金請求で20万円の銀行引き落としがあれば、新たに20万円まで使えるようになりますが、その仕組みと似ています。

スポンサーリンク

審査に通らないならどうしても借入したい

キャッシング厳選情報本気でお金に困ったら