即日融資できない?銀行カードローンの融資までの流れとスムーズに融資を受けるコツ

即日融資できない?銀行カードローンの融資までの流れとスムーズに融資を受けるコツ

銀行カードローンが即日融資不可能になった理由

銀行カードローンは2018年から即日融資ができなくなりました。その理由は、暴力団関係者など反社会的な勢力への融資を防ぐため、新しいシステムを導入したからです。今までの審査では、銀行や全国銀行協会にある反社データベースで照会して申込者の個人信用情報などを調べていました。ですが、それだけでは暴力団関係者かどうかを判別するのは難しく、より精度の高い警察庁のデータベース照会が義務付けられたのです。このデータベース照会の結果が返ってくるのは最短でも翌営業日になるため、即日融資ができなくなりました。

スポンサーリンク

審査に通らないならどうしても借入したい

キャッシング厳選情報本気でお金に困ったら

銀行カードローンの審査の流れは?

警察のデータベース照会が加わって、銀行カードローンの審査の流れは以下のようになります。まず審査申込をすると、銀行はローン申込者の氏名や住所などの情報を送り、警察のデータベースに照会します。これが一次照会で、ヒットしなければ翌営業日に回答があり、銀行の審査を通れば融資が受けられるでしょう。ただし一次照会でヒットした場合、銀行は申込者の詳細情報を送り二次照会を行います。この二次照会の結果が返ってくるには数日~2週間ほどかかるので注意が必要です。

この流れは自動契約機を使った場合でもほぼ同じで、カード発行自体はその場で行えたとしても、実際に融資を受けられるのはデータベース照会や職場への在籍確認を行った後になるでしょう。ちなみに、職場への在籍確認は名前を確認するだけなので、職場にカードローンの申し込みであると知られる心配はほぼありません。心配ならクレジットカードを作ったなどの言い訳を考えておくと安心です。

スムーズに融資を受けるための三つのポイント

即日融資が不可能になってしまったとは言え、スムーズにいけば翌日には融資を受けられます。大事な三つのポイントを押さえて、スムーズに融資を受けられるようにしましょう。1つ目のポイントは、職場への在籍確認が確実にできるタイミングで申し込みをすることです。銀行カードローンの審査では必ず在籍確認が行われますが、職場が休みで電話が繋がらないと審査がストップしてしまうので気をつけてください。

二つ目のポイントは、必要書類に不備がないよう注意することです。銀行によって細かい指定のある収入証明書を間違えないこと、書類をカメラ撮影する場合に、文字がしっかり判別できる鮮明な画像を提出することなどに気をつけましょう。三つ目のポイントは、銀行からの電話には必ず出ることです。審査中は書類の不備などで電話がかかってくる場合があるので、知らない番号でも出るようにしてください。これらに気をつければ、自分のミスで審査期間が延びるのを予防できるでしょう。

口座開設が必要ない銀行カードローンが狙い目

少しでも早く融資を受けたいなら、口座開設が必要ない銀行カードローンを選ぶのがおすすめです。銀行カードローンは、その銀行に口座がなければ利用できないケースも多く、その場合、もし口座を持っていないならまずは普通預金口座を開設しなければなりません。口座開設にも時間がかかりますし、開設と申し込みを同時に行っても3週間ほどかかってしまうでしょう。しかし、なかには口座を開設しなくても利用できる銀行カードローンもあります。急いでいる時こそ手間を惜しまず、そういった銀行を選ぶことが融資への近道となるのです。

低金利な銀行カードローンを活用しよう

どうしても即日融資が必要というのでなければ、銀行カードローンは使い勝手も良く、金利も低いので安心して利用できます。即日融資が不可能になったとは言え、銀行カードローンは消費者金融と似ている面もあり、どちらにしようか悩む場合も多いでしょう。具体的にどのような時に銀行カードローンを利用するのがいいのか、どんな点でメリットがあるのか覚えておくと選びやすくなります。

銀行カードローンのメリットは、低金利で返済負担が軽いこと、同じ銀行で住宅ローンを利用している場合は金利を下げてくれる可能性があること、収入がない主婦や学生でも配偶者や保護者の年収を申告すれば利用できることなどがあります。逆にデメリットとしては、即日融資ができないことや消費者金融よりも上限金利が低いこと、職場への在籍確認が必須なことなどが挙げられます。ですから、銀行カードローンが向いているのは、その日のうちに借入れしなくてもいい場合や、できるだけ返済負担が軽い方が良い場合、その銀行の住宅ローンを利用している場合、収入がない場合などです。

銀行カードローンは審査が厳しいイメージがありますが、2018年以前に即日融資に対応していた銀行や、即日とは言わなくても比較的短時間で融資できていた銀行、金利設定が他の銀行カードローンより高めの銀行、月々の返済金額が低めの銀行などは、多少審査が通りやすいと言われています。銀行カードローンはメリットがたくさんあり安心できるものですから、自分に合っていると判断できた時はしっかり準備して利用してみてください。銀行カードローンと消費者金融の違いをきちんと分かっていれば、どんな時でも自分にあった借入れができるでしょう。

スポンサーリンク

審査に通らないならどうしても借入したい

キャッシング厳選情報本気でお金に困ったら