キャッシングやカードローンで借りたお金は何に使ってもいいの?

キャッシングやカードローンで借りたお金は何に使ってもいいの?

キャッシングやカードローンの資金使途は決められている?

キャッシングやカードローンの利用を検討されている方は、借りたお金を何に使いたいと思いますか。旅行資金に充てたい、クレジットカードが使えないお店で高額な買い物をしたい、生活費の足しにしたい、買い物をし過ぎたクレジットカードの代金の支払いに充てたいなど、その方によってニーズも様々でしょう。キャッシングやカードローンでは基本的に資金使途は自由と定められています。

スポンサーリンク

審査に通らないならどうしても借入したい

キャッシング厳選情報本気でお金に困ったら

つまり、何に使ってもいいというわけですが、多くの場合、例外として投機目的に使用してはならないこと、事業資金には使えないと定められています。また、業者によっては貸付金の返済に充ててはいけないと制約が付されている場合もあるため、何に使いたいかによって、貸付条件に定める資金使途をしっかり確認するようにしましょう。

投機目的はNG

多くのカードローンやキャッシングでは投機目的や投資目的には、借りたお金を充てないよう定められています。ギャンブルなどの軍資金に充てることや、株式投資やFXなどの元手にしてはいけないということを意味しています。なぜ、投機や投資に借入金を投入してはいけないのでしょうか。カードローンやキャッシングで借りたお金は返済しなければなりません。しかも利息を付けて返すことが求められます。

返済しなければいけないのに、勝つか負けるか分からない将来が分からない賭け事であるギャンブルや、価格変動が激しく損失が出るリスクもある投資に充ててしまうと返済できなくなるリスクがあります。競馬やパチンコで大当たりが出る確率は不明確であり、投資も変動性が高く、ギャンブルのようにお金を全て失わないまでも、価格が下落して塩漬け状態になる可能性があります。そのため、一定の期間内に返済が求められる借入金を使って行ってはならないとされているのです。投資は余裕資金で行うべきものであり、借りてまで行うものではないということです。

事業資金には使えない

では、事業資金に使えないのはなぜでしょうか。事業資金はギャンブルや投資と異なり、真面目に働く目的に利用され、確実性の高い使途のように思えるため、なぜ使えないのと不思議に思う方もいるかもしれません。ですが、事業というのもやはり将来は不明確であり、成功することもあれば、失敗して大きな損失や負債を抱えることもありますし、上手くいっていても経済環境の変化で経営が悪化する場合や取引先の手形の不渡りなどで巻き添えを食ってしまうこともあります。

不確実性が高く、安定した収入の確保ができない虞があるので、やはり、返済リスクが高いと判断され、事業資金には使えないとされています。事業資金を借りたい場合には、簡単な審査で借り入れできる個人向けのカードローンやキャッシングではなく、事業の内容や事業計画書、経営計画書などを審査することや、事業の実態を実際に訪問して審査する個人事業者向けのカードローンや事業ローンを借りることが求められます。

借り入れの返済に充ててもいいの?

借り入れの返済に充てられるかについては制約条件がないケースと、借入金の返済には充てられないと規定されているケースもあります。既存の借入金の返済に困っているのに、さらに借りるというのは返済能力が低く、債務不履行のリスクも高くなるので、借入金の返済を目的に新規でカードローンを申し込まないようにという牽制がなされているわけです。一方で、借入金の返済にも充てられることをウリにしているカードローンもあります。また、借入金の返済だけを目的に利用できるおまとめローンも存在しており、業者の側で既存の借入金の全額返済をサポートしてくれるサービスもあるので、ニーズに合わせて使い分けをするのがいいでしょう。

資金使途自由だからスピーディーに借りられる

カードローンやキャッシングは一部の例外を除き、資金使途自由と定められています。これに対して、資金使途が限定された目的別ローンというのもあります。例えば、旅行資金を借り入れるトラベルローンや、車の購入費用に充てるマイカーローン、学校の入学金や学費、塾の費用などに充てる教育ローン、結婚費用に充てるブライダルローンなどが代表的です。資金使途が自由のカードローンやキャッシングと、資金使途が定められた目的別ローンにどんな違いがあると思われますか。一番の違いは手続きの容易さや、貸し付けのスピードです。

目的別ローンではその目的に使うことを確認する必要があるため、目的を証明する書類の提出が求められます。トラベルローンであれば、旅行会社への申込書類や契約書、領収書や見積書など、マイカーローンであれば車の購入契約書など、教育ローンであれば合格書類や入学申込書類といったものを揃えて提出し、確認してもらわないといけないので、借りたいと思ったときから実際の融資までに日数もかかります。これに対し、資金使途は原則として自由なので、その方の返済能力さえ審査ができれば貸せるので、カードローンやキャッシングは最短で30分など審査が簡便で貸し付けまでがスピーディーなのがメリットです。

スポンサーリンク

審査に通らないならどうしても借入したい

キャッシング厳選情報本気でお金に困ったら