消費者金融とクレジットカード会社のキャッシングってどう違うの?

消費者金融とクレジットカード会社のキャッシングってどう違うの?

クレジットカード一体型かキャッシング限定か

気軽な借入れをしたいときにはテレビCMなどでよく目にする消費者金融にするか、日ごろの買い物なでも気軽に利用しているクレジットカード会社にするか迷う方もいるかもしれません。いずれも借入れの仕組みは似ていますが、大きな違いといえば、消費者金融の多くがキャッシング限定で借入れしかできないのに対し、クレジットカード会社の場合はクレジットカードにキャッシング機能を付属させるのが一般的で、買い物や飲食代の支払い、旅行代金やエステなどのサービス料金の支払い、オンラインショッピングでの買い物など便利に利用できるクレジット機能と、いざというときに現金の借入れなどができるキャッシング機能の両方が手に入るという点に違いがあります。

スポンサーリンク

審査に通らないならどうしても借入したい

キャッシング厳選情報本気でお金に困ったら

ただし、消費者金融でもクレジット機能がついたカードを用意しているとこともありますが、ごく一部に限られています。基本的な違いといえば、クレジット機能もついているのか、キャッシング限定かと理解しておけばいいでしょう。

いずれも総量規制で規制される

消費者金融もクレジットカード会社も同じ貸金業者という業種に位置付けられ、貸金業法の適用のもとで運用されています。貸金業法には総量規制というルールが新たに導入されており、すべての貸金業者を通じて年収の3分の1までしか借りられないことになっています。貸金業者では審査の際に共通で利用している信用情報登録機関に照会をかけ、既にいくらの利用枠を持っているのかが確認されます。

クレジットカードの場合クレジット利用枠は含まれませんが、キャッシング利用枠は総量規制の対象になります。この点、借入れなどの必要を意識していない時期にクレジットカードを作った方が、キャッシングの意味をよく理解せず、なんとなく申し込んでいるケースがあります。全く借入れの利用履歴がなくても、キャッシングの枠があるだけで、総量規制の総量にカウントされてしまいます。

そのため、新たに消費者金融でキャッシングを利用しようとしたら、制限を受けるといったこともあるので、手元にクレジットカードを何枚も持っているという方はキャッシング利用枠をつけているか確認してみましょう。毎月送付される明細書や、クレジットカードの公式サイトで設定できるマイページ上ですぐに確認が可能です。

海外でのキャッシングができるか

消費者金融で発行されるキャッシングカードは通常、国内での利用に限られ、日本円での借入れに限定されます。これに対してクレジットカードの場合、海外キャッシング利用ができるカードであれば、海外旅行先や海外出張先で気軽に借入れができます。海外では借入れのニーズというより、現地通貨が足りなくなってすぐに現地通貨で現金が欲しいということも多いのではないでしょうか。そんな場合に利用しているクレジットカードのブランドマークがついたATMさえ見つければ、街中でも気軽に手持ちのクレジットカードと暗証番号だけで現地通貨にて借入れが可能です。

また、ブランドステッカーが表示された海外にある提携金融機関でも、クレジットカードとパスポートの提示で現地通貨の借入れができます。海外旅行や海外出張などが多い方は、海外キャッシングもできるクレジットカードを持っていると便利です。

クレジットカードの審査と一緒にできる

消費者金融のキャッシングの申し込みは店頭窓口やインターネット、コールセンターや郵送でできます。クレジットカードもほぼ同様ですが、クレジットカードとしての申し込みができるので、借入れに抵抗があるという方でも躊躇なく申し込めるといった利点もあります。クレジットカードは商業施設や各種ショップ系でも独自のカードを発行している場合があり、スーパーやコンビニなどの店頭でも申し込めるタイプもあります。

キャッシング利用にチェックして希望額を書けば、クレジット機能と一緒に審査が受けられる点がスマートです。ただし、キャッシングを希望するとクレジット機能のみの審査より、審査が厳しくなって枠が取れないケースや審査に時間がかかることもあります。

年会費の発生やクレジットカードならではの特殊性

キャッシング限定の消費者金融の場合、通常、入会金や年会費は必要なく、借入れた際の利息だけがコストとなります。これに対してクレジットカードの場合は年会費が必要となるケースがあります。一部のクレジットカードでは年会費が永久無料のサービスがついているものがありますが、一般的なクレジットカードでは初年度はキャンペーンなどで年会費が無料になっても翌年以降は年会費が取られる場合があります。その代わりとして、消費者金融にはない、トラブルがあった際の個人賠償責任保険が自動付保されることや、海外旅行保険などがついてくるメリットもあります。

クレジットカードではクレジット利用枠とキャッシング利用枠があり、いずれも利用枠の上限の範囲で使えます。設定の仕方にもよりますが、買い物でクレジット枠を使い過ぎていると、いざ借りたい時にキャッシング利用枠が使えなくなるので注意が必要です。また、クレジットカードではキャッシングもあとからリボ払いなどの設定ができるなどの特殊性もあります。

スポンサーリンク

審査に通らないならどうしても借入したい

キャッシング厳選情報本気でお金に困ったら