キャッシング・カードローンの審査とは

キャッシング・カードローンの審査とは

キャッシング・カードローンの審査内容

キャッシング・カードローンの審査内容は様々なものがありますが、大きく分けると属性審査と信用情報審査というものがあります。属性とはその人がどのような人物なのかということで、年齢や収入はどの程度あるのかがまずチェックされます。性別も重要な要素となり女性は妊娠によって仕事ができなくなってしまう可能性がありますから、性別も見られます。本人だけでなく勤務先や家族構成もチェックされ、経営状態に問題のない職場か、家族が多くて支出も多いのではないかという部分も確認され、これらが属性審査となります。

スポンサーリンク

審査に通らないならどうしても借入したい

キャッシング厳選情報本気でお金に困ったら

次に信用情報審査ですが、これは今までの借金の利用履歴のことをさします。ローンやクレジットカードを利用すると信用情報機関に履歴が登録され、融資の際には過去の実績を参照して融資をできるかどうかを判断します。このふたつのどちらも問題がないと判断された時に、初めて融資が受けられるようになり断られた場合にはどこかに問題があったということになります。

キャッシング・カードローンの審査時間

今すぐにでもお金を借りたいという時には、どれだけ時間がかかるのか気になるところですが、これは借入をする場所によっても変わってくるので一概には言えません。また、金額によっても変わり数万円程度でしたら業者側もリスクが小さいので比較的すぐに審査を終わらせてくれますが、金額が大きくなれば審査に時間を掛けることになります。そのため、一概には言えないものの最短で30分、長ければ1週間程度かかると考えておくのが良いでしょう。

消費者金融系は審査時間の短さを売りにしているところが多く、30分以内で終わるところも珍しくありません。最短でなくてもその日のうちに結果が出ることも多いので、とにかく急いでいるという時には消費者金融系を選ぶと審査時間が短く済みます。銀行系の場合には、2018年1月から即日審査ができなくなったこともあって、最低でも1日以上はかかってしまうようになりました。もうひとつ信販系がありますが、こちらも審査の時間は長めで1日から1週間程度となっています。

キャッシング・カードローンの審査に必要な書類

審査に必要な書類も業者によって異なってくるため、一番確実なのは利用しようと考えている業者に確認をすることですが、絶対に必要となってくるのが本人確認書類です。本人を確認することができなければ融資もできませんから、これはどこから借りようとしても必ず必要となります。本人確認書類として認められるものには、運転免許証にパスポート、マイナンバーカードに住民基本台帳、健康保険証などがあります。運転免許証が一番確認書類には便利なので、特別理由がないのであればこれを用いるのが一番ラクな方法となります。

業者によって異なるものでは、収入証明書類があり本当に収入があるのか証明するために提出を求められることがあります。ついている職業で提出しなければならない書類というものもあり、自営業の場合には営業状況を確認できる種類を要求されることがあるので、事前に用意をしておくようにしましょう。書類の不備があると審査がのびたり、通らなかったりするので事前に確認し用意をしておくことが大切です。

キャッシング・カードローンの審査に通らない場合とは

キャッシングやカードローンは必ず審査が通るというわけではなく、通らない場合もあります。通らなかった場合理由はいくつか考えられますが、収入に対して借りようとしている金額が大きすぎる、十分な収入がない、過去に金融事故を起こしている、すでに他社から借入をしているなど考えられます。収入に対して大きすぎる金額は返済ができなくなってしまう恐れがありますし、そもそも十分な収入がないのは融資をする側からするとリスクが大きくなってしまいます。

過去に事故を起こしている人間は再度事故を起こす可能性が高く、審査に通りにくくなります。借入状況は金融機関が共有している情報であるため、他社から借入をしていればそれ以上の融資は厳しいと判断され審査に通らないということもあります。その他にも収入はあっても安定していないといったケースや、申告内容に不備や虚偽があるといった時にも通らないことが多いので審査に落ちた時にはこのような部分を見直すようにしましょう。

まとめ

キャッシングやカードローンを利用する時には、審査は避けて通ることができません。審査のことを理解していなければ、本当にお金が必要となった時にすぐに融資を受けることができなくなって困ってしまうということもありますから、審査に関することはしっかりと理解しておく必要があります。流れわからないままに申し込みをすると、無駄に時間がかかってしまったり時間がかかった挙げ句に融資が受けられなかったということもあるだけに、非常に重要なポイントになってきます。

審査が通らなかった時にも、仕組みを理解しておくことで対策をすることができたりしますから、覚えておいて損はありません。詳細な判断基準については金融機関の中の人間でなければわからない部分があるので、全てを理解することは難しいものの、基本的な部分はキャッシング・カードローンを利用する上で最低限押さえておきたい知識となっているので、よく覚えておくようにしましょう。

スポンサーリンク

審査に通らないならどうしても借入したい

キャッシング厳選情報本気でお金に困ったら