銀行口座と連動する便利なカードローンの自動融資

銀行口座と連動する便利なカードローンの自動融資

口座引き落としができないと不便で困った事態も起こる

銀行口座においてクレジットカード代金の引き落としや、携帯電話代金や光熱費、税金などの公共料金の支払い、保険会社の保険料の支払いなどを毎月のように行っているという方は多いことでしょう。口座を新たに開設するなどして給与口座と別の口座で引き落としがある場合や、うっかりお金を使い過ぎて銀行口座の残高が不足するなどして、引き落としができなかった経験がある方もいらっしゃるのではないでしょうか。

スポンサーリンク

審査に通らないならどうしても借入したい

キャッシング厳選情報本気でお金に困ったら

口座残高が不足して引き落としができない場合、公共料金などの場合は口座引き落としができなかった旨の通知ハガキが届き、後日もう一度引き落としを行うので残高を用意しておくようにとか、翌月に2ヶ月分を引き落とすと案内が来る場合や、払込用紙が同封されていてコンビニや金融機関で期日までに払わないと携帯電話が使えなくなるなどの面倒な事態になることもあります。

クレジットカードやローンの返済は要注意

クレジットカードにいたっては一度でも口座引き落としができないと、その瞬間からクレジットカードが一切使えなくなるので要注意です。いずれもすぐに支払いを行えば復活はでき、利用状況も元に戻り維持されますが、クレジットカードの場合は信用情報登録機関に遅滞の情報が登録されてしまい、別のお得なクレジットカードを作りたいといった場合に審査が通らない場合があるというリスクも発生します。

また、ショッピングローンやマイカーローンなどの何らかのローンの毎月返済を銀行口座引き落としで行っていた場合に、引き落としができないと、やはり、遅滞の事実が信用情報登録機関に登録されてしまい、新たなローンの審査に通りにくくなってしまいます。たった1回でも、わずかな金額でも意外に弊害は大きく、お金を使い過ぎて残高が不足した場合はもちろんですが、口座残高の管理をうっかり忘れて残高不足を起こしたことで大きな影響を受けることも少なくありません。

銀行カードローンの便利な機能

こうした残高不足による弊害のリスクや、後日、督促状を受け取る羽目になったり、わざわざ手間や時間をかけて払い込みに行ったりする事態を避けることができるのが、銀行カードローンに付属させることができる自動融資機能です。カードローンを発行している銀行で保有している本人名義の銀行口座を連動させることができ、引き落とし時に残高が不足していると、自動的にその引き落とし額分の貸し付けを行い、引き落としできないリスクをカバーしてくれるものです。

ご本人がクレジットカードの代金引き落とし日を忘れていようが、携帯電話代の引き落とし日に残高が不足しているのに気づかず、残高があると勘違いしていようが自動的に融資が行われます。コンピューター的に管理と処理がされているので、カードローン側もうっかり残高不足を見逃しましたといったエラーも起きません。残高不足によってクレジットカードが停止された苦い経験がある方や、携帯電話が繋がらなくなったことがある方で、しばしばお金を使い過ぎて残高が不足することが多い方や、毎月かつかつで生活していて収入面に不安がある方もつけておくと便利で安心の機能です。

銀行口座を保有することが必要

銀行カードローンの中にはその銀行に口座を開設しなくても利用できるタイプと、口座開設が必須のカードローンもあります。いずれのタイプであっても、自動融資を利用したい場合には銀行口座を保有していないことには意味がありません。なお、口座開設が必須の銀行カードローンの場合、自動融資機能が標準装備されていることも多く、必要なければ外せるといったところもあります。そのため、残高不足に備えたい、クレジットカードや携帯電話を止められるリスクを回避したいという場合には、代金や料金、保険料やローン返済などの口座引き落としにメインで利用している銀行口座を持つ、銀行のカードローンを利用することが必要になります。

銀行カードローンの金利水準や利便性をもとにカードローンを選びたい場合には、銀行カードローンの審査が通った時点で銀行口座も開設して、引き落とし口座も変更するなどの手間がかかりますが、自動融資を活用したいなら、こうした手続きも必要になります。また、銀行口座の開設不要の銀行カードローンにおいては、自動融資機能を提供していないケースもあるので、事前によく確認してから選ぶようにしましょう。

銀行預金口座における便利な自動貸越機能

カードローンとは別に銀行預金口座において、普通預金のほかに定期預金も持っている場合、自動貸越機能を付けると残高不足の際に自動的に定期預金から貸し付けを行って残高不足を補ってくれます。自分の定期預金を使うので、銀行カードローンの自動融資と異なり、利息が取られることもありません。

銀行のキャッシュカードのカード面の反対側にキャッシングの矢印がついている場合がありますが、定期預金を持っていて自動貸越機能を付けていると、キャッシングによって普通預金口座に残高がなくても、定期預金から借入れができます。普通預金口座にお金を入金すると自動的に返済ができ、定期預金で運用しつつ、いざというときは借りられるという便利な機能が付けられますので、非常におすすめです。

スポンサーリンク

審査に通らないならどうしても借入したい

キャッシング厳選情報本気でお金に困ったら