消費者金融と銀行カードローンっていったい何が違うの?

消費者金融と銀行カードローンっていったい何が違うの?

一番の違いは総量規制

消費者金融のキャッシングと銀行カードローンって、いったい何が違うの?と思われている方、多いのではないでしょうか。いずれも盛んにテレビCMを流している場合や、ネット上に広告を出していますが、ざっと概要を見る限り、気軽に申し込めて最短30分で借りられるなど同じようにしか見えません。銀行が消費者金融の真似をしているのかと思われる方も多いですが、実はいくつか特徴の違いがあります。一番の違いは法制度上の違いで、消費者金融に適用される総量規制が銀行カードローンには適用されません。

スポンサーリンク

審査に通らないならどうしても借入したい

キャッシング厳選情報本気でお金に困ったら

総量規制とは年収の3分の1までしか借りられないという多重債務防止のためのルールですが、銀行カードローンには今のところこうした規制がないので、年収の3分の1を超える高額の借入枠設定もできます。なかでも恩恵を受けられるのが専業主婦の方です。専業主婦の場合、年収がゼロなので消費者金融では事実上、借入れができません。ですが、銀行カードローンでは利用が可能で、銀行にもよりますが、無収入の専業主婦でも最大で50万円程度まで利用枠が設定できることがあります。

利用枠の上限の違い

カードローンやキャッシングでは、あらかじめ借入れができる利用枠を設定し、その範囲内で何度でも自由に借入れができる仕組みになっています。利用枠の設定にはもちろん審査があり、高額な利用枠を得たい方ほど信用力が高くないといけません。ですが、そもそも利用枠の上限がいくらなのかが消費者金融と銀行では異なっているケースが少なくありません。消費者金融の場合、一般消費者のための小口融資を基本に発展してきた業界で、小口融資ならではの審査の簡便さやスピードを重視しています。

そのため、一部の業者や商品を除けば、最大でも300万円程度が上限となっています。これに対して銀行カードローンは個人や法人から預けられる銀行預金を原資にできるほか、住宅ローンや法人向けの事業融資などで蓄積された豊富な審査ノウハウもあるので、より高額の融資を可能としており、カードローンにおいても800万円や1000万円といった利用枠の設定が可能です。生活資金や日常の買い物や旅行などに使いたい場合には消費者金融、頻繁に海外旅行に行くとか、高額な費用負担を予定しているといった方なら銀行カードローンでよりニーズに合った金額を設定するなどの使い分けが可能です。

申し込み方法の違い

申し込み方法はインターネットやコールセンター、店頭やATMコーナーなどに設置されている自動契約機、郵送やFAXなどほぼ同じ方法が整えられています。違いというと、店頭での対面申込ができるかが挙げられます。この点、銀行は支店の窓口で手続きできそうに思えますが、大手都市銀行の銀行カードローンでは店頭での対面手続きは行っておらず、支店のATMコーナーに設置されている自動契約機の利用を案内されるケースが多くなっています。

これに対して消費者金融の場合は目立つ看板がそびえるビルの中にある店頭に出向き、対面でその場で手続きができます。外出中に突然借りたくなったという際や、インターネットや自動契約機の使い方がよく分からないと不安な方なら便利でスムーズな店頭窓口が利用できます。銀行の窓口と異なり、平日の15時以降も利用ができ、18時ないし19時頃まで営業しているので、お仕事帰りでも利用できます。混雑状況にもよりますが、審査も30分ほどで終わり、その場でカードが受け取れて、設置されているATMですぐに借入れができます。

銀行口座との関係性

銀行カードローンというと、その銀行に銀行口座を開設する必要があるのかと思われるかもいるかもしれません。ですが、基本的に銀行口座の保有とは関係なく、銀行口座を開設しなくても利用できます。この点で、消費者金融と違いが生じることはありませんが、銀行によっては銀行口座を持っていることでカードローンの申し込み手続きがより簡便にできることがあります。

カードローンやキャッシングを利用するには本人確認が必須となり、運転免許証やパスポートなどの本人確認書類を提出しなくてはなりません。ですが、銀行口座を持っている場合、銀行口座の開設時に本人確認が済んでいるため、銀行カードローンの申込時には省略できる銀行もあります。この点では消費者金融との違いが生じます。

ATMによる借入手数料

カードローンを実際に利用する際にはATMを使って必要な金額を借入れる方も多いことでしょう。その際、気をつけなくてはならないのが利用手数料です。商品や条件にもよりますが、一般的には1回の利用ごとに消費税込みで108円程度、時間外の場合には216円程度の手数料がかかります。利息を抑えるために少しずつ借りたほうがお得と思っている方も多いですが、借りる都度、ATM手数料がかかるとなれば、利息以上にコストがかさむこともあります。

消費者金融は専用のATMの設置が店舗に限られますが、銀行の場合は全国にある支店や直営のATMを利用することで利用手数料が無料になるケースもあるので、利用手数料の面で違いが出ることもあります。

スポンサーリンク

審査に通らないならどうしても借入したい

キャッシング厳選情報本気でお金に困ったら