キャッシングやカードローンを上手に選んでちゃっかりお得を目指そう

キャッシングやカードローンを上手に選んでちゃっかりお得を目指そう

キャッシングやカードローンの便利な点

消費者金融業者や銀行がキャッシングやカードローンと銘打ってお金を貸してくれるサービスがあります。呼び方は異なりますが同じものであると考えて問題ありません。その名の通り、金融業者からキャッシュカード様の借入カードを発行してもらい、コンビニ等に設置されているATMであたかも預金を引き出すようにしてお金を借りることができるというものです。特徴として用途が自由であること、担保や保証人が不要なことが挙げられます。借入目的を明確にしなければいけないマイカーローンや教育ローン、住宅ローン等と異なって、借りたお金をどのように使うかは利用者に任されているというのは使い勝手の点で大変便利です。

スポンサーリンク

審査に通らないならどうしても借入したい

キャッシング厳選情報本気でお金に困ったら

例えば急な冠婚葬祭が入った場合や給料日前で生活費がショートしそうな場合等、必要に応じてお金を借りることができると生活がスムーズに回ります。また、担保を取らず保証人が不要なことは自分の人間関係に影響を及ぼす煩わしさがありません。人間同士が対面してお金の貸し借りをするのならば、使い道を説明したり、返済の期限や方法を話し合ったり、お金を貸してくれる相手に頭を下げたりしなければならないものですが、そのような面倒なことがないのが利用者にとっては嬉しいところです。

消費者金融系のキャッシングやカードローンの特徴

一口にキャッシングやカードローンといっても様々な種類や特徴があります。一般的には、消費者金融系、銀行系、信販会社系に分類できるのでそれぞれの特徴を知って上手に使い分けるのが良いでしょう。まず、消費者金融系ですが、個人を対象としてお金を貸し付けるサービスを長年行って来た歴史とノウハウがあるため、急にお金が必要となったときに急いで契約するにはここが一番便利と言えます。

あらかじめインターネットで申し込みをしておき、近くの無人契約機に出向いて手続きをすればその日のうちにお金を借りることができるでしょう。今までキャッシングやカードローンとは縁がなかったが、大至急お金が手元に欲しいという場合には最も頼りになる存在です。反面、金利が銀行系と比較してやや高めなのがネックになりますが、近いうちに確実に返済できる当てがあり、利子が大きく蓄積する前に返済してしまえばさほど気にすることはないでしょう。

銀行系のキャッシングやカードローンはこんなに便利

金融緩和政策の影響で空前の低金利時代が続き、銀行にはお金が余っている状態です。以前は銀行の融資というと法人相手が中心で個人にはあまり力を入れていませんでした。法人対象の銀行と個人対象の消費者金融とで棲み分けができていたのです。しかし、金余り時代の影響で銀行も生き残りのため、個人対象融資商品であるカードローンに力をシフトしています。銀行系の魅力といえば消費者金融系と比較して金利が低いということでしょう。

また、消費者金融系では借り過ぎ防止のため原則収入の3分の1までしか借りられない総量規制があります。銀行系はこの総量規制の縛りがないため、大金を借りることができるのも便利なところです。銀行系のカードローンを申し込む場合には、とりあえず大金を借りる予定がない場合でも与信枠はできるだけ大きく申請した方が金利も安く設定してくれます。

ネットバンク系の使い勝手の良さは大きな魅力

銀行系の中でも使い勝手の良さが際立つのがネットバンク系のキャッシングやカードローンです。自宅にいながらのパソコンでも、外出先からのスマートフォンでも24時間365日お金の借入・返済ができる使い勝手の良さは大きな魅力と言えるでしょう。店舗型の銀行カードローンの場合、ネット対応をしていても、返済の受付時間は午後3時まで等の縛りがあり、その時間以後返済しても翌日扱いになる等不便なところがあるのですが、ネットバンク系はそのようなことがなく、ごく短いメンテナンス時間を除いてはいつでもお金の貸し借りができるのが便利です。

ネット経由だけではなく、ATMでの借入れや返済を手数料無料としているところも多いので例えばこんな便利な使い方があります。ネットバンクの口座に3万円預金があるとして、これをそのままコンビニのATMで引き出そうとすると手数料がかかります。そこでいったんネットバンクのローンカードを使って3万円を借りる形でATMから引き出します。この場合手数料はかかりません。次にネットバンクの口座からネット経由で3万円を振り込んでローンを返済してしまいます。ここでも手数料は無料です。ひと手間増えますが実質口座から3万円を手数料無料で引き出すことができます。

信販会社系のキャッシングサービスの特徴

信販会社が発行するクレジットカードは後払いで買い物ができるうえ、ポイントが貯まるので大変お得になっています。これはクレジットカードのショッピングの機能ですが、付帯してキャッシングのサービスを付けることもできます。急にお金が必要なときに、改めてカードローンの契約をするのも良いのですが、手持ちのクレジットカードを使ってお金が借りられる場合があるので調べてみると良いでしょう。金利は銀行系と比較してやや高めですが、ショッピング、キャッシング両方に対応しているのが嬉しいところです。このようにキャッシングやカードローンのサービスには様々なものがありますが、上手に使い分けて快適なマネーライフを送りましょう。

スポンサーリンク

審査に通らないならどうしても借入したい

キャッシング厳選情報本気でお金に困ったら